専門マスター

【キャンプ飯】やっぱり旨い!基本の塩胡椒ステーキ【アウトドア料理】

かの地から

自由なアウトドア系Youtuber/3児の父

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

キャンプといえばやっぱり肉料理ですが、その中でも食べたくなるのがステーキです。
肉厚のステーキを一気に焼いて肉汁を閉じ込めたミディアムレアが個人的には一番好きですが、肉を食べながらやる一杯は本当に格別ですよね。

BBQで肉を焼くのも美味しいですが、今回はスキレットでの調理。
シンプルな味付けの塩胡椒でステーキをいただきました。
塩は岩塩、胡椒は挽きたての香りも楽しめるミルに入っているタイプを使います。

熱伝導率の高いスキレットを使用すると、肉が一気に焼けるのでおすすめですよ。
動画では19cmのスキレットを使用しています。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/yacom-tokyo/4549308508093.html

シングルバーナーはSOTOのST-330。
点火スイッチがガス缶側に付いているので使いやすいシングルバーナーです。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/cozynest-mikawaya/st330.html

ステーキはあまり肉を触らない方がいいので、ひっくり返すのは一度だけにして焼くのが良いようです。
中火~強火で片面ずつ2~3分焼いてスキレットから降ろして数分肉を寝かせます。

余熱で少しずつ火が通ってくれるのですが、ちょうどいいミディアムレアで食べるステーキは本当に美味しくて、アウトドアの醍醐味を感じさせてくれますよ。

A5ランクの最高級ステーキを…といいたい所ですが、今回焼いたステーキは700円程度。
それでも十分柔らかくて美味しいステーキでした。

ステーキだけでは寂しいので、付け合わせにミニトマトとクレソン、そしてマッシュポテト代わりにポテトサラダを乗せて完成です。

やっぱり野外で食べる味は3割増しくらい美味しく感じます。

かの地からでは色々なキャンプ料理を配信しています。
フォローよろしくお願いします!

…続きを読む