タイトル画像

【豊橋市】7月にオープンした「BRIDGE BUILD COFFEE」は「地元愛」が溢れるカフェ

kanon

地域ニュースサイト号外NETライター(豊橋市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライターのkanonです。

今回は、2021年7月5日(月)グランドオープンした地産地消に拘った「BRIDGE BUILD COFFEE」に伺いました。

新栄交差点から見るショップボード
新栄交差点から見るショップボード

お店は、「スタンドバイミー」の映画の舞台となったアメリカのオレゴン州にあるポートランドの街並みをイメージした作りで、リノベーションやリサイクル、アップサイクルを行って、一つひとつ拘り抜いて作り上げたそうです。

お店の名前「BRIDGE BUILD COFFEE」は、生産者と消費者、豊橋と東三河、東三河と全国を様々な人やモノの橋渡し役となることを目指していることから名付けられたそうです。

メニューは、地元農園や青果市場から届いた旬の野菜やフルーツをふんだんに使った管理栄養士や美腸プランナーが考案し提供されています。

地元産に拘ったランチプレート
地元産に拘ったランチプレート

ランチタイムに、ウィクリーランチプレートを注文してみました。

ウイクリーランチプレートのメインは「お肉」または「お魚」をチョイス、プラス デザートとドリンクが付きます。

身の厚いボリューミーな白身魚のフライにかかったタルタルソースには、豊橋が日本一の産地である大葉が使われていて、サラダは、サニーレタスにラディッシュ、トマトとこちらも豊橋が出荷上位を占めている野菜が使われ、地元産メニューへの拘りを感じます。

ランチメニューは他にもパスタやサンドウィッチのメニューがあります。

また、スイーツには、米粉を使用したふわふわスポンジ生地に溢れるほどのクリームとフルーツがのり、豊橋が全国シェア90%を占める「エディブルフラワー」が添えられたグルテンフリー「米粉のオムレット」は、こちらのチェリーの他にチョコバナナとマンゴーがあります。

グルテンフリー「米粉のオムレット」チェリー
グルテンフリー「米粉のオムレット」チェリー

スイーツは他にもBBCチーズケーキや濃厚チョコレートテリーヌ、トンカ豆のチーズテリーヌがあります。

テラス席を眺めながらゆったりと食事が出来ます。

テラス席は、不朽の名作「スタンドバイミー」の1シーンを想い起こす景色を眺めることが出来ます。

こちらのエリアでは、小さなお子様が遊べるようになっていて、今後お子様がますます楽しめる仕掛けや企画を計画中とのことでした。

ところで、「BRIDGE BUILD COFFEE」のロゴマーク、どこかでみた感じがしませんか?

「BRIDGE BUILD」のBを背中合わせにしたこちらのロゴは

豊橋の市章「ちぎり」のマークに似ています。

そして、お店の拘りであるコーヒーのドリッパーにも。

「ちぎり」の周りを囲む8つの星は東三河8市町村をさしているそうです。

豊橋愛、東三河に対する情熱をひしひしと感じる「BRIDGE BUILD COFFEE」は、サステナビリティな取り組みを行っている新しいタイプの素敵なカフェでした。

★店舗情報★

【BRIDGE BUILD COFFEE】

豊橋市新栄町南小向85-1

0532-26-3808

10:30〜18:30

Last order : Food 17:30 / Drink 18:00

Open Monday-Saturday

Closed on Sunday

facebook Instagram

シェア

いいね

コンテンツへの感想