タイトル画像

【豊橋市】秋の訪れを告げる、貴重な植物「シラタマホシクサ」が見頃を迎えています。

kanon

地域ニュースサイト号外NETライター(豊橋市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライターのkanonです。

葦毛湿原(いもうしつげん)は、2021年10月11日(月)に国指定の天然記念物に指定されました。

湧水湿地としては国内最大級の広さを誇り、様々な植物群が生育し、生態学的、植物地理学的に価値が高いということから今回指定されました。

今回の指定で、豊橋市の国指定文化財は23件になったそうです。

その葦毛湿原では、現在「シラタマホシクサ」が見頃を迎えていると知り、訪れてみました。

シラタマホシクサは、小さな白い花が密生し白い玉のように見えることからこの名がついたそうです。

国の絶滅危惧種に指定されており、東海地方の限られた湿地に生息していて、葦毛湿原を代表する植物で、この季節になると市外・県外から訪れる方がいらっしゃいます。

小さな白い花が一面に咲き誇っている様は、まるで天の川のように見えます。

葦毛湿原には、他にも「マアザミ」や「スイラン」などが咲き秋の湿原を賑やかにしていました。

秋が深まり、暑さも遠のいてきた今日この頃。自然を愉しみにお出掛けになってみてはいかがでしょうか。

葦毛湿原にお出掛けになる際は、自然保護の為、靴などで踏まれた湿原はなかなか元には戻らないので、観察の際には木道から絶対に降りないようにしましょう。

また、湿原内に三脚などを立てることも禁止されています。

その他、ペットを同伴しての散策も禁止となっていますのでご注意下さい。

★今回ご案内した先はこちら↓

葦毛湿原

豊橋市岩崎町長尾地内‎

お問い合わせ: 0532-51-2650(豊橋市役所 都市計画部公園緑地課) 

シェア

いいね

コンテンツへの感想