タイトル画像

【豊橋市】東三河の「たまごサンド」を食べ比べ! お気に入りを見つけちゃおう!

kanon

地域ニュースサイト号外NETライター(豊橋市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

東三河の食材を使って「東三河を元気にしたい!」との思いから立ち上がったプロジェクト「東三河新たまごサンドプロジェクト」は昨年に引き続き今年は第2弾となります。

豊橋市・田原市を始めとする東三河にある店舗で、オリジナリティあふれるたまごサンドメニューが登場しています。

そのうち豊橋市内の店舗は26店舗、田原市内の店舗は7店舗が参加しています。

今回プロジェクトに参加した店舗は全47店舗!

そのうちの34店舗が2021年10月31日(日)に、道の駅とよはしで「特別出張販売会」を開催する、ということで行ってまいりました。

道の駅とよはしでの「特別出張販売会」には47店舗のうち、なんと34店舗もの「たまごサンド」が販売されるということで、販売開始前から販売ブースの前には「たまごサンド」をお買い求めになる方々で行列が出来ていました。

受付で、メニューからお好みの「たまごサンド」を番号で注文します。

どれにしようか迷う迷う。。。

さんざん迷ってこちらの「たまごサンド」2種類を購入しました!

1つめの「たまごサンド」は、お食事処 角三さんの「老舗食堂のだし巻きたまごサンド」です。

秘伝のめんつゆを使った「だし巻きたまご」に特製ソースが使用されています。

口に頬張ると、お出汁が「じゅわ~」と出て、パンにお出汁が染み込んで「美味しい!!」たまごサンドでした。

もう一つは「こーひー家 茶苑」さんの「大葉香る和風とりたまごサンド」。

自家製サラダチキンと渥美半島産たまごに大葉の風味を効かせた和風サンドウィッチです。

チキンと卵の「親子丼」ならぬ「親子サンドウィッチ」です。

大葉の香りが爽やかに香る、サンドウィッチです。

チキンと卵でボリューム満点なメニューですが、さっぱりとした味付けなので、あっという間に完食しました。美味しかったです♪

「たまごサンド」は販売開始から1時間程で完売になってしまう程、大盛況でした。

「東三河たまごサンドプロジェクト」は、スマホDEスタンプラリーも開催されています。

商品を購入し、電子スタンプラリー「COCOAR(ココアル)」を使用してスマートフォンで各店舗のスタンプを10個集めて、応募すると抽選で「東三河新たまごサンド」1食分を各種1名様(計47名様)のプレゼントがあります。当選者にはメールで「新たまごサンド引換券」が届きます。

イベントは、2021年10月1日(金)~12月31日(金)まで実施されています。

他にもInstagramたまごサンド投稿キャンペーンが実施されています。

商品を購入して、インスタグラム(@tamasan103)に写真を投稿していただいた方に抽選で10名に青じそオリーブオイル、豊橋紅茶などの東三河の特産品のプレゼントがあります。

こちらのイベント期間は、2021年10月1日(金)から2022年2月28日(月)までです。

「たまごサンド」を食べて是非参加してみてくださいね。

東三河新たまごサンドプロジェクト

シェア

いいね

コンテンツへの感想