タイトル画像

【豊橋市】医王寺では「山茶花」が見頃を迎えました。12月にはライトアップも楽しめます。

kanon

地域ニュースサイト号外NETライター(豊橋市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライターのkanonです。

今回は、東細谷町にあります「医王寺」の山茶花のご案内です。

今年も「医王寺」では、山茶花が見頃を迎えました。

「さざんか寺」と謂われる医王寺の敷地内には、樹齢250年以上、高さ8メートルもある茅葺屋根の形をした山茶花の木を始めとする175種、2000本以上の山茶花が植えられています。

山茶花はツバキ科の植物でツバキとよく似ているため、間違われやすいのですが、葉の形がギザギザで花びらの落ち方がツバキと違い一枚ずつ花びらが落ちる所が特徴です。

敷地内には、白やピンクの色とりどりの山茶花が賑わいをみせています。

花の色は、ツバキのようにはっきりとしたピンクもありますが、優しい色が多く、花をよく見ると牡丹にも似ています。

12月に入ると日没から20時半までライトアップが始まります。

日中観る景色と違って、夜のライトアップされた景色は幻想的な世界に引き込まれます。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

☆今回ご案内した先はこちら

曹洞宗 瑠璃山 医王寺

豊橋市東細谷町字西島96番地

お問い合わせ: 0532-21-1988

シェア

いいね

コンテンツへの感想