タイトル画像

How to

  • いいね

障子の張り替え作業から解放!100均アイテムで破れない障子に変える!

かーりー/遊牧ちゃんねる

コスパ重視のひよっこDIYer

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コスパとお手軽さを追求しつつ、様々なDIYに挑戦している、かーりー(遊牧ちゃんねる)です!

突然ですが、あなたの家の障子は穴もなく、綺麗な状態に保たれていますか?

ちなみに私の家の障子は、こんな状態でした。

しっかり破れてる
しっかり破れてる

特に、小さいお子さんがいるご家庭では、障子を綺麗なままキープするのは至難の技ですよね。破れたすぐ側から簡単に張り替えできたらいいのですが、労力と時間がかかるので、そのまま放置している人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、百均のアイテムを使って、”破れない障子”に変えることで、あのめんどくさい張り替え作業から解放される方法をご紹介します!

コスパも最高なので、費用を抑えて張り替えたい、という方もどうぞ!

▽動画でサクッと作り方を知りたい方はこちらをご覧ください!

準備するもの

  • 布(ハギレ)or テーブルクロス
  • 布用両面テープ(5mm幅推奨)

布はなんでも良いのですが、白色に近い色の方が光がよく入ってくるのでおすすめです。
※奇抜な柄の布も部屋のアクセントとしては可愛い!

ちなみに私は、百均でハギレを2つ、テーブルクロスを1つ購入しました!(障子ちょうど2枚分)

クリーム色のハギレ2つ+花柄模様のテーブルクロス
クリーム色のハギレ2つ+花柄模様のテーブルクロス

作業手順

障子紙を布(もしくはテーブルクロス)に変えるだけなので、手順は普通の張り替え作業となんら変わりありませんが、ポイントを紹介しつつ、解説していきます。

既存の障子紙を剥がす

今回のDIYで、一番楽しい工程です。

パンチして破っても楽しいかも
パンチして破っても楽しいかも

ベランダがある方は、障子枠中心に水をかけ、ほんの数分待ち、端の方から少しずつ剥がすと、ペロリと1枚の紙として綺麗にめくれるそうです。(後から知った)

ベランダがないのでハケで濡らした
ベランダがないのでハケで濡らした

障子枠に両面テープを貼るので、なるべく紙が残らないように綺麗に剥がしてください。

布を障子に合わせてカットする

布を障子に合わせてカットするのですが、ダイソーのハギレは90×90のサイズだったので、なんと障子枠にシンデレラフィットしてくれました!

切る必要なし!ラッキー!
切る必要なし!ラッキー!

長さが足りなかった下の部分は、これまたダイソーで購入したテーブルクロスをカットして使いました。

布の準備ができたら、両面テープを障子の格子に貼っていきます。

全ての格子に貼る
全ての格子に貼る

ちなみに、今回使用したのは、こちらの布専用両面テープ。

ネットで購入可能!
ネットで購入可能!

5mm幅×14mが2巻入っているのですが、隈なく貼っていたら、最後少し足りなくなってしまいました。(障子2枚分の場合)

格子の本数やデザインにもよると思いますが、心配な方はもう1つ余分で買うか、節約しながら使ってください。(※私は途中で若干足りないことに気付き、隙間をとりつつ貼りましたが、問題ありませんでした!)

両面テープを貼り終えたら、後はカットした布を貼り付けていくだけ。この時、2人でやった方が、綺麗に、かつ早く仕上がります。

そして、完成した障子がこちら!

1人でも綺麗に貼れた!
1人でも綺麗に貼れた!

写真で見ると、障子紙と違いが分からないレベル。薄いハギレを使っているので、風通しもバッチリで、きちんと光も入ってきてくれます!

テーブルクロスがいい感じ!
テーブルクロスがいい感じ!

下の部分に花柄のテーブルクロスを使ったのが大正解!光が当たると、綺麗に花柄が浮き上がり、アクセントになってとってもいい感じです。

障子張り替えから解放!

障子紙の代わりに布を使えば、一生破れることはありません。両面テープの粘着が弱まってきたら、剥がれる可能性もあるかもしれませんが、その際は部分的に補修すればOK。

また、ハギレもダイソーで購入することができるので、コスパを考えてもメリットだらけです!

障子の穴を放置されていた方は、ぜひこの機会に張り替えてみてはいかがでしょうか?

シェア

いいね

コンテンツへの感想