タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

【祝日注意】特例措置で2021年7月・8月・10月の祝日が移動。カレンダーによっては未対応のモノも!

川村和弘

新しモノ好き・ライター&編集者

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年のカレンダーには、特例処置で移動した祝日が反映されていないモノがあるので要注意です。

今年の7・8・10月の祝日は移動しているので、事前にチェックしておきましょう。

なんと2021年の祝日は特例処置で例年と違うがカレンダーの中には未対応のものも!

こんにちは、限定なモノは気になる元ゲーム編集者で新しモノ好きな川村和弘です。

《本記事執筆クリエイターの「フォロー」をお願いします。詳細はクリエイター名をタップ・クリック》

今年の「国民の祝日」ですが、東京オリンピック・パラリンピックが2020年から延期になった影響で、去年同様に2021年限定の特例処置として下記のように3ヵ所移動しています。

・「海の日」は7月22日(木曜日)

・「スポーツの日」は7月23日(金曜日)

・「山の日」は8月8日(日曜日) ※8月8日は日曜のため、翌日の9日は振替休日

ところが、2021年のカレンダーとして販売されているものの中には、例年通りの祝日のままになっているものもあるので注意が必要です。未対応のカレンダーが結構あります。もし2021年カレンダーの7月19日が海の日となっていたら、例年通りのままですので、いますぐ赤ペンなどで修正しておきましょう。7月19日を祝日だと思ってしまい、うっかり会社や学校を休んでしまったら、大変なことになってしまうかも。

実際のカレンダーで、このように間違った祝日の表記になっているものもあるので要注意です。
実際のカレンダーで、このように間違った祝日の表記になっているものもあるので要注意です。

そこで、祝日の移動がひと目でわかるカレンダーを作りましたので、参考にしていただけたらと思います。

祝日が移動したことで、オリンピック開会式の7月23日前後が4連休、オリンピック閉会式の8月8日前後が3連休となります。そのかわり10月の祝日が無くなっています。10月11日は、すでにオリンピックが終わっているので、平日になっていることを忘れている可能性もありえそうです。そうならないためにも、カレンダーをチェックして、間違っていたら直しておきましょう。

ちなみに、例年の祝日は、下記の通りとなっています。

・「海の日」は7月の第3月曜日

・「山の日」は8月11日

・「スポーツの日」は10月の第2月曜日

祝日移動に関するお知らせは、首相官邸のホームページで紹介されていますので、気になった方はアクセスしてみましょう。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/tokyo2020/shukujitsu.html

《本記事執筆クリエイターのページでは、スマホやガジェット、新製品などを紹介しております。ぜひ「フォロー」をお願いします。詳細は下記URLをチェック》

https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro

シェア

いいね

コンテンツへの感想