モノ/ガジェット

【DJI199gドローン】『Mavic Mini』発表会レポート。改正航空法対象外でいつでも飛ばせる

川村和弘

新しモノ好き・ライター&編集者

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

超小型ドローン『Mavic Mini』発表会に行ってきましたので、動画で紹介します。
なんと言っても驚きなのが、本体の軽さ。本体重量がバッテリーも含めて199gで、改正航空法の対象外(規制対象は200g以上)となっているため、国土交通省に申請すること無く飛ばせます(ただし、空港付近や国の重要施設などの飛行禁止区域や人が多くいるところではフライトはNGです)。

実際持ってみたところ、驚くほど軽く、これはモックアップなんじゃ無いかと思うほど。
この199gですが、日本の改正航空法に対応した仕様となっており、日本特別モデルとなっています。ちなみに海外モデルは、重量249gで、こちらも海外の規制対象外の仕様となっています。

日本特別モデルだけ50gも軽くできたかというと、違いはバッテリーの容量です。日本特別モデルは1,100mAhですが、海外モデルは2,400mAh。そのため、日本特別モデルは最大飛行時間が18分ですが、海外モデルが30分。飛ばせる時間は短いのですが、バッテリーをこまめに交換すれば使い勝手としては悪く無さそうです。

これまでの『Mavic』シリーズ同様に、プロペラ部分を折り畳めるので、コンパクトになり、気軽に持ち運べます。ちなみに、展開した飛行状態では、245 × 290 × 55mm。折り畳み状態では、140 × 82 × 57mmとなっています。折り畳むと、ペットボトル並のサイズになるので、カバンに入れておくのもスッポリ入りそうです。

気になるカメラ・ジンバルのスペックは、以下の通り。気軽に撮るには十分と言えるだろう。
・カメラジンバル:3軸
・カメラセンサー:1/2.3インチCMOS
・有効画素数:1200万画素
・視野角:83度
・動画解像度:最大2.7K・30フレーム(1080P・60フレーム対応)
・動画フォーマット:MP4(H.264/MPEG-4 AVC)
・動画最大ビデオビットレート:40Mbps
・静止画フォーマット:JPEG

動画の撮影モードでは、クイックショットモードを搭載しており、4種類のカメラワーク(ドローニー、サークル、ヘリックス、ロケット)で、ハリウッド映画に出てくるような映像が撮れます。
なお、被写体を自動追尾するアクティブトラックやジェスチャーコントロールは搭載されていないのは残念。
また、障害物センサーも搭載されていないので、上手に飛ばすのにはある程度の練習が必要になりそうです。

価格は、本体とコントローラーのスタンダード版『Mavic Mini - The Everyday FlyCam』が46,200円[税込]、それにプロペラガードと予備バッテリーとキャリーバッグなどをセットにした『Mavic Mini Fly More コンボ』が59,400円[税込]。

予約は始まってますが、発売は11月中旬のようです。

旅行に行った際に、バードビューで動画撮影するときなどには重宝しそうなドローンだ。
また、ドローンを飛ばしてみたいと思っていた人には、ちょうど良いとも言える。

とにかく気になった人は、DJIの公式ホームページを要チェック。

【今後もオモシロいガジェットや便利なモノ、新製品発表会や試乗会の様子などを紹介していきます。ガジェット関連の情報が知りたい人や、この動画が役に立ったら、下記URLよりフォロー&「いいね」をお願いします。】
クリエイターのURLは、こちらです。
https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro

<商品について>
製品名:DJI Mavic Mini
メーカー:DJI
価格:スタンダード版が46,200円[税込]、フライモアコンボ(プロペラガード、予備バッテリー、キャリーバッグなども含む)が59,400円[税込]
メーカー公式ホームページ:https://www.dji.com/jp/mavic-mini
<撮影について>
撮影に使用したカメラ:Apple iPhone 11 Pro Max、DJI Osmo Mobile3、DJI Mavic Mini
撮影協力:川井浩二さん、UZUMAXさん

…続きを読む