モノ/ガジェット

  • いいね

【マグネット吸着】iPhone12のMagSafeに最適なワイヤレス充電型モバイルバッテリー

川村和弘

新しモノ好き・ライター&編集者

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

iPhone12シリーズのMagSafeに対応したワイヤレス充電型モバイルバッテリーがAnkerから登場!
実際に試してみたところ……。

こんにちは、これまでに何台ものモバイルバッテリーを使ってきた新しモノ好きな川村Hachibeiです。
《本記事執筆クリエイターの「フォロー」をお願いします。詳細はクリエイター名をタップ・クリック》

※本製品は、アンカー・ジャパン株式会社より提供いただきました。

ワイヤレス充電器でiPhoneなどのスマホを充電する際に難点だったのが、充電中にスマホと充電器がズレてしまって充電に失敗することだ。その弱点をiPhone12シリーズでは、MagSafeという新しい機構で克服。iPhone本体と充電器に磁石を組み込み、お互いが磁力でくっつくことで、ズレないようにしてきた。
そんなMagSafeの機構をワイヤレス充電のモバイルバッテリーにも取り入れたものが登場。

その名も『Anker PowerCore Magnetic 5000』。

実際に使ってみたところ、iPhone12とモバイルバッテリーが磁力によってくっついて充電ができる。
ケーブルを繫げても良いのは楽だし、iPhoneとバッテリーを重ねて持ったまま、ズレること無く充電できるのはありがたい。さすがに思いっきり振ると、外れることはあったものの、乱暴に使うことはないので大丈夫だろう。
それよりも気になってしまったのが、ワイヤレス充電の出力とバッテリーの容量だ。出力が5Wなので、市販のワイヤレス充電器並のパワーなのため、iPhoneを充電するのに時間がかかってしまう。Apple純正のMagSafe充電器なら最大15Wで充電が可能なので、高出力を期待してしまうのだが、これは仕方がないことだ。さらに容量も5000mAhとスマホ1本分程度なので、物足りなさを感じてしまう。
モバイルバッテリー本体のポートだが、USB TypeーCの入出力ポートが1つあり、ここにケーブル直結での充電が可能。ただし、この場合の出力は最大10W、入力は最大11W。こちらも高速充電ができないのは残念なところだ。

なお、容量が少なめな分、バッテリー自体の重さは軽いので、iPhoneと一緒に持ち歩く点においては便利ではある。

まだまだ、MagSafe対応製品は出てきたばかりなので、今後の製品に期待したい。

【今後もオモシロいガジェットや便利なモノ、新製品発表会や試乗会の様子などを紹介していきます。ガジェット関連の情報が知りたい人や、この動画が役に立ったら、下記URLよりフォロー&「いいね」をお願いします】
クリエイターのURLは、こちらです。
https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro

■参考情報/Yahoo!ショッピング
・Anker PowerCore Magnetic 5000
https://shopping.yahoo.co.jp/products/05008102a6

<商品について>
商品名:Anker PowerCore Magnetic 5000
メーカー:アンカー・ジャパン
価格:3,990円[税込]
サイズ:約93 x 63 x 16mm
重量:約133g
容量:5,000mAh
メーカー公式ホームページ:https://www.ankerjapan.com
商品ホームページ:https://www.ankerjapan.com/category/POCKET/A1619.html

<撮影について>
撮影に使用したカメラや機材:SONY ZV-1

<動画制作環境について>
動画制作ソフト:Final Cut Pro
エフェクト:Atago Movie(あたご動画)など
BGM:Nash Music Library
書体:フォントワークス

シェア

いいね

コンテンツへの感想