モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【新500円貨マクロ撮影】iPhone13 Proのマクロ撮影なら新しい500円玉の偽造防止もわかる

川村和弘

新しモノ好き・ライター&編集者

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

iPhone13 Proシリーズのマクロ撮影は極小文字の写真・動画撮影が可能
そこで新500円硬貨の微細文字や偽造防止技術を見てみました

こんにちは、新しい技術には興味のある新しモノ好きな川村Hachibeiです。
《本記事執筆クリエイターの「フォロー」をお願いします。詳細はクリエイター名をタップ・クリック》

Appleが今秋発売したiPhone13シリーズのProとPro Maxには、楽しい撮影機能が搭載されています。

それは、マクロ撮影。

iPhone 13 Proシリーズの超広角カメラは、これまでのレンズが一新されて、パワフルなオートフォーカスシステムが搭載されています。そのおかげでわずか2センチの距離でもピントを合わせられるようになっています。

これまでのスマホでは、被写体に寄って撮影してもボケてしまっていたものが、iPhone 13シリーズを使うと、クッキリとピントがあって、小さな文字まで見えます。もちろん、写真・動画共に撮影が可能です。お花などを寄って撮るときに便利だったりします。

そこで、ここでは、2021年11月から登場した新500円硬貨の微細文字などをiPhone 13 Proを使って実際に撮影してみました。

新500円硬貨には、偽造防止に微細文字や微細点模様、異形斜めギザが組み込まれています。それらを肉眼で見ようとすると、あまりにも小さくてわかりにくいのですが、iPhone 13シリーズのカメラを通して見ると、ハッキリとわかります。

微細文字として、表面の縁に「JAPAN」(上下2ヵ所)、「500YEN」(左右2ヵ所)の文字が入っています。

微細点として、表面の中央にある桐の中央部には、模様として微細な穴加工が施されています。

側面の斜めギザは、他のギザと異なる形状にした「異形斜めギザ」が上下左右4ヵ所あります。

実際、自分で体験して見ると楽しいので、もしiPhone 13 Proシリーズを使っていて、3代目の新500円玉をゲットしたなら試してみて欲しいです。

ほかのスマホには、まだまだマクロ撮影ができるものは少ないですが、今後のスマホには、このようなマクロ撮影ができるものも増えてくるかも……。

いち早くマクロ撮影を楽しむなら、iPhone 13 Proにすると良いでしょう!

なお、新しい500円貨については、後日解説しようかと思っていますのでお楽しみに。

【今後もオモシロいガジェットや便利なモノ、新製品発表会や試乗会の様子などを紹介していきます。ガジェット関連の情報が知りたい人や、この動画が役に立ったら、下記URLよりフォロー&「いいね」をお願いします】
クリエイターのURLは、こちらです。
https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro

<今回、使用したモノについて>
商品名:iPhone 13 Pro、iPhone 11 Pro Max
メーカー:Apple

商品名:ZV-1
メーカー:SONY

商品名?:新しい500円貨
メーカー?:日本銀行

<撮影について>
撮影に使用したカメラや機材:SONY ZV-1、iPhone 11 Pro Max、iPhone 13 Pro

<動画制作環境について>
動画制作ソフト:Final Cut Pro
エフェクト:Atago Movie(あたご動画)など
BGM:Nash Music Library
書体:フォントワークス

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る