タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【神奈川県・湯河原駅】完全予約制の”らぁ麺”。至高の一杯に出会った。

かずまのラーメン探訪記

ラーメン愛好家/ラーメンインスタグラマー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ラーメン好きの皆様こんにちは!
突然ですが、私はラーメンの食べ歩きを始めるまで、かなりの出不精でした。

今回ご紹介するのは、そんな私でも住まいの千葉県から
神奈川県の西端まで、ご機嫌で向かってしまいます。
人によって日本一とも言い切るほどの名店へ行ってみましょう。

《今回のお店》
今回は湯河原町にある”らぁ麺 飯田商店”をご紹介します。
飯田店主のらぁ麺へのこだわりは並大抵ではありません。
TV含め各種メディアの登場実績も多数の名店です。
※予約サイトOMAKASEによる完全予約制です。
 お出かけの際は必ずご確認ください。

店頭でお土産販売も実施中。こちらは予約不要で購入可能です。
店頭でお土産販売も実施中。こちらは予約不要で購入可能です。

《店内・接客》
まるで和食の料亭かのように、明るく清掃や整理が行き届いています。
思わず靴を脱ぎそうになるほど、手入れの行き届いた店内に期待も高まります。
スタッフさんの行き届いた接客も想像を超えるでしょう。

提供待ちの時間ですらエンターテインメントです。
提供待ちの時間ですらエンターテインメントです。

《メニュー》
現在は、らぁ麺とつけ麺のそれぞれしょうゆとしお味が提供されています。
日々内容は変わりますが、わんたんやチャーシューのトッピングも魅力です。
何度来ても新鮮な発見があるのが嬉しいところです。
サイドメニューのご飯物も非常に評判が高く、名脇役と言えます。

訪問時のメニュー。安価とは言えずともそれ以上の価値があります。
訪問時のメニュー。安価とは言えずともそれ以上の価値があります。

《ビジュアル》
今回は代表的メニューのしょうゆらぁ麺を注文しました。
初めての方も、リピーターの方もテンションが上がる瞬間です。

1度この味を体験している人は、写真だけでお腹が空くと思います。
1度この味を体験している人は、写真だけでお腹が空くと思います。

《スープ》
探求を怠らないこだわりの醤油が鼻を抜けていきます。
主に鶏と豚をメインに据えた豊潤な旨味抜群です。
醤油ラーメンの最上級という声にも頷けます。

《麺》
絹のように滑らかな食感の細ストレートの自家製麺です。
日々ベストな配合を探りながら作り上げられています。
柔らかめの茹で加減で『麺を啜る』楽しさを知ることでしょう。

喉越し滑らかな自家製麺。飲めるハンバーグならぬ、飲める麺とでも言いましょうか。
喉越し滑らかな自家製麺。飲めるハンバーグならぬ、飲める麺とでも言いましょうか。

《具》
ブランド豚の上品さと旨さを惜しみなく引き出したチャーシューが絶品です。
(ちなみにこの日は霧島高原純粋黒豚でした)
ワンタンは比内地鶏使用の日で素材の良さがスープと調和しています。
もちろん海苔もメンマもネギも、全てに神経が行き渡るトッピングは流石の一言です。

《まとめ》
構成する素材全てに途方も無い心血が注がれています。
ラーメンが好きならほぼ間違いのない満足感を約束されると思います。

最後にもう1つ、オススメポイントをご紹介します。
普段、提供待ちのときはスマホを見ているという方も多いと思います。
ですが、ここでカウンター席に座る場合は、ぜひ店主さんの所作にもご注目ください。
手際の良い調理工程に惚れ惚れすることと思います。

この一杯は全ての人に愉しんでもらいたいと切に願います。
この一杯は全ての人に愉しんでもらいたいと切に願います。

《店名》
らぁ麺 飯田商店
《本日の注文》
わんたん入りしょうゆらぁ麺 1,580円
《住所》
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2丁目12−14
お店の地図
《アクセス》
JR東海道本線『湯河原駅』から徒歩約10分
《営業時間・定休日》
11時〜15時
火曜日・水曜日定休《お店の情報》
食べログ
お店の公式ホームページ
予約方法について
公式Twitter

もっと詳しくはInstagramにて

訪問日:2021年12月30日
訪問日時点の情報になります。
お店によっては臨時休業などもあります。
最新の情報はSNSやナビサイトにてご確認ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想