専門マスター

川でニジマス釣ろう【トラウト解禁】

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

3月〜4月は日本各地の河川や湖沼でのトラウト類(ヤマメ、イワナ、ニジマス等)の釣りが解禁になります。
この時期に合わせてトラウト類の放流を行う水域も多く、こういった所では解禁直後の時期は釣人で賑わいます。
トラウト類は総じて昆虫や小魚など動物質の餌を好みます。
そのためルアー釣りの対象としても人気がありますが、今回の動画では餌釣りでニジマスを狙ってみました。
動画の水域でも解禁直前の2月末にヤマメ、イワナ、解禁後の3月末〜4月初旬にニジマスの放流が行われており、放流後に数年越しで大きくなった個体も存在します。

釣り竿は水域の状況に合わせて3m〜9mまでの長さの渓流竿を選びます。
動画のような開けた止水域なら細身のハエ竿を使うと釣れた時のやり取りが楽しめます。
針はハリス付きの専用針を使うのがお手軽簡単です。
トラウト類は目が良いのでハリスはなるべく細いものが良いのですが、細すぎると針掛かりしても切られてしまいます。
かと言って太過ぎれば釣れません。
0.6号辺りが強度と細さのバランスが取れていて良いと思います。
餌はブドウ虫やイクラやミミズ等の釣具屋さんで市販されている餌を使うのが入手性の点からお手軽で良いと思います。
釣り場によっては川虫等の水生昆虫が捕れるなら、これを使うのが最も釣果が上がる良い餌です。
ニジマスに限って言えば、鮒や鯉を釣る時に使う練餌も使うことが出来ます。
養殖時にはこれらの餌を与えられるため放流後も餌として認識し食ってくると思われます。
釣り場が止水域なら練餌を寄せ餌として撒くのも効果がありますが、この場合は極少量にとどめておきます。
淡水域は水量的にも海と違い水が汚染されやすく自浄効果も海ほど期待できないからです。

釣りは自然と触れ合う遊びです。
陸上も水中も釣り場はキレイに。
釣り場の生き物からのお願いです。

…続きを読む

関連タグ