専門マスター

初冬の川で釣ったマハゼで作る美味しい天ぷら。マハゼのさばき方を紹介。初心者でも簡単に作れる。

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

初冬の河川の河口域で釣った良型のマハゼで天ぷらを作ります。
マハゼの天ぷらは関東地方では江戸前料理の定番です。
頭を落として背開きか腹開きにしてから背骨だけは取り去ってから天ぷらにすると良いでしょう。
マハゼの肋骨はそれほど硬くはないので付けたままで大丈夫です。

1年魚であるマハゼは春に生まれて翌春に体長20cm前後にまで成長した後、産卵して死にます。
このマハゼを釣るベストシーズンは年に2回あります。
デキハゼと呼ばれる子供のハゼを釣る初夏と成長した良型のハゼを釣る晩秋から初冬です。
秋以降のマハゼは大きさは15cm前後と、釣ってよし食べてよしの良型に成長しています。

この時期のマハゼは動画で紹介したような天ぷらを始め、塩焼き、煮付け、佃煮、甘露煮、お刺身などいろいろな料理方法で美味しく食べることが出来ます。
特にたくさん釣れた時には佃煮、甘露煮にすると日持ちしますし、素焼きにしてから天日干ししたマハゼの焼干しを作るのも良いでしょう。
マハゼの焼干しは良い出汁が出る高級調味料として有名です。

マハゼは美味しい食用魚として昔から知られている有名な魚ですが鮮魚としてお店に並ぶことはまずありません。
そう言った意味からもマハゼは釣人の魚なのです。
この時期、天気の良い日にのんびりマハゼ釣りに講じるのはなにものにも代えがたい贅沢だと思います。
初冬のマハゼの釣り方を紹介した動画も公開しています。
マハゼ釣りに興味有る方は是非ともそちらもご覧下さい。

…続きを読む

関連タグ


専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る