専門マスター

初冬の川で美味しいマハゼ釣ろう!! 仕掛けや釣り方のコツを紹介。初心者でも簡単に出来る魚釣り。

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

マハゼは河川が海に流れ出る辺り、海水と淡水が混じり合う汽水域と言われる水域に生息するハゼ科の1年魚です。
マハゼは春に生まれて翌春に体長20cm前後にまで成長した後、産卵して死にます。

マハゼを釣るには、川が海に流れ出る場所からほんの少し上流側に遡った川岸、このような場所がマハゼもたくさん生息しており釣りやすい場所です。
このマハゼを釣るベストシーズンは年に2回あります。
デキハゼと呼ばれる子供のハゼを釣る初夏と成長した良型のハゼを釣る晩秋から初冬です。
秋以降、マハゼもそれなりの大きさに成長しています。
しかし、冬に入り水温が下がり始めるとマハゼの活性も落ちてしまい釣るのが難しくなります。
その点、晩秋から初冬あたりの季節はまだ水温も下がり切っておらずマハゼ釣りには良い季節です。
大きさも15cm前後に成長していますので釣ってよし食べてよしの良型マハゼです。

成長したマハゼはやや沖合の深場に居ることが多いのでリール竿を使ってチョイ投げの要領で釣ります。
2m前後の安価なリール竿に小型のスピニングリール、道糸はナイロンの3号を100mも巻いておけば十分です。
仕掛けはオモリに直接ハリス付きの針を結んだ物やシロギスなどを釣る時に使う片天秤仕掛けなどが良いでしょう。
ハリス付きの針を選びます。
ハゼ釣り専用の針もありますが4号の袖針などでも良いでしょう。
餌はジャリメやゴカイ、アオイソメと言った虫エサが定番です。
仕掛けを投入したら後はマハゼが針に付けた餌を食べて釣れるのをのんびり待つだけ。
天気の良い初冬の日のマハゼ釣りはなんとも楽しいものです。
釣れたマハゼを持ち帰るための小型の保冷箱も忘れずに持参しましょう。

この動画は2019/11/26に投稿した動画ですが再生数が一定回数を下回った為、同じ内容の動画を再投稿したものです。

…続きを読む

関連タグ