専門マスター

500円玉に隠されたマイクロ文字を探してみよう!! 驚きの製造技術を観察【お部屋で出来るプチ探検】

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

テントの中でもお部屋の中でも500円玉とルーペがあればどこででも出来るミクロな探検。

日本のお金には実に様々な最先端の偽造防止技術が施されています。
前回の動画では紙幣の偽造防止技術ひとつ「マイクロ文字」を紹介しましたが、このマイクロ文字は硬貨にも施されています。
但し、マイクロ文字が施された硬貨は硬貨の中では最も高額な500円玉だけです。
それと、500円硬貨には旧いタイプの硬貨が2種類ありますが、こちらにはマイクロ文字は施されていません。
マイクロ文字が施されている500円硬貨は新しいタイプのみです。
現在では殆どの500円硬貨が新しいタイプに置き換わっていますので旧いタイプの500円硬貨に出会う事はとても稀です。

用意するものは15倍くらいの高倍率なルーペ、それと500円玉です。
500円玉は出来るだけ傷が少ない綺麗な硬貨を用意した方がマイクロ文字を発見しやすくなります。
とは言え、今回観察した500円玉は平成24年に製造されたものですので比較的状態が良ければ大抵の500円硬貨で発見できます。
使い古さた500円硬貨だとマイクロ文字がすり減っていて発見しづらい箇所は桐の絵が刻印されている面のマイクロ文字です。
この桐の絵の面はマイクロ文字が膨らんだ部分に刻印されているので古い硬貨だと擦れて消滅している場合もあります。
特に最初のNとIが消滅しやすいようです。

ルーペで覗いて発見した時はチョットした驚きがありますよ。
暇つぶしに是非トライしてみて下さい。

ヤフーショッピングでのルーペの検索結果↓
https://shopping.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9A&uIv=on&first=1&ei=utf-8&seller=1&stp=1&sc_e=sydr_sstlspro_2500_statrep&__ysp=44Or44O844Oa

…続きを読む

関連タグ