専門マスター

今がベストシーズンのデキハゼ釣りと釣ったデキハゼの料理を紹介【健啖隊の魚釣り講座】

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

デキハゼとは春に生まれて数ヶ月間経過した初夏の頃のマハゼの事です。
大きさは7cm前後のまだ子供のマハゼです。
この頃のマハゼは骨も柔らかく食味も良いので食材としてのマハゼの旬です。
デキハゼと呼ばれる頃のマハゼは釣り易く数も比較的まとまるので釣りの経験が浅い方でも釣果に恵まれ楽しむことが出来ます。

釣り方はウキを使わないミャク釣りが、浅い場所、深い場所、流れのある場所、止水域など、いろいろな釣り場に対応できるので良いと思います。
デキハゼは河川の河口近くなど、淡水と海水が混じり合った汽水域の岸近く、砂や砂利の水底に居ることが多いので、使う釣り竿は短めの物で対応できます。
餌は活餌のジャリメなどがベストですが、活餌が苦手な方は疑似餌なども各種販売されていますので、それらを利用すると良いでしょう。

釣れたデキハゼは内臓を除去してから良く洗って水気を切って油で揚げるのが最も簡単で美味しい調理方法です。
その他、ウロコと内臓を除去してから開きにして天ぷらなどにしても美味しいです。
佃煮や甘露煮もハゼ料理としては有名です。

マハゼは春に生まれて翌春に産卵して死ぬ1年魚です。
関東地方ではマハゼは江戸前の食材として有名です。
呼び方も初夏の7cm前後のデキハゼ、秋の10cm超に成長した彼岸ハゼ、晩秋から冬に20cm近くに成長して深場に落ちるケタハゼ、真冬に婚姻色が出で口の周りが黒くなったお歯黒ハゼと、季節ごとにそれぞれの呼び名があります。
美味しい魚として昔から利用されていたにもかかわらず鮮魚では殆ど流通していません。
マハゼは岸近くに生息しており漁業的に網などで大量に捕ることが難しいのが流通しない一因かも知れません。
とにかくマハゼを鮮魚で手に入れたくば自分で釣るしかありません。
マハゼが釣りやすい季節はなんと言っても初夏のデキハゼです。

天気の良い休日にはハゼ釣りに挑戦して美味しいハゼ料理を堪能してみては如何でしょうか。

…続きを読む

関連タグ


専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る