専門マスター

マタタビで健康酒を作ろう!!【マタタビの実の探し方からマタタビ酒の作り方までを紹介】

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

マタタビは日本の山地に自生するマタタビ科の蔓性の落葉低木です。
沢筋とか崖縁などの湿った土地に生えていることが多い植物です。
5月の中頃に白い梅の花に似た形で芳香の有る花を咲かせます。
花の時期になると蔓の先端近くの葉が白い色に変化し、この白く変化した葉は遠くからでも良く目立ちます。
花期から結実期にはこの白くなった葉が目立ちますのでマタタビの木は直ぐに見つけることが出来ます。

花が終わると果実を付けるのですが、マタタビには雄株、雌株、両性株の3種類があり、果実を付けるのは雌株、両性株です。
果実は小さな樽型をした通常型の果実とカボチャのような形に変形した虫癭果(ちゅうえいか)の2種類があります。
虫癭果とは結実間際の花にマタタビミバエやマタタビアブラムシが産卵したために虫こぶになった果実の事です。
このマタタビの虫癭果は木天蓼(もくてんりょう)または木天蓼子(もくてんりょうし)とも呼ばれ生薬としても利用されています。

マタタビの虫癭果を本格的に生薬として利用する場合には熱湯で処理してから乾燥させる工程を経る必要が有るようですが、一般的に知られている利用方法は健康酒を作って飲用する、でしょうか。
この場合には熱湯処理や乾燥工程は省いて生のままの果実を使う事が出来ます。
使う果実は薬効成分の含有量が多いという理由から虫癭果がベストですが普通の形の果実でも薬効成分がゼロという事ではないので大丈夫です。
マタタビの果実を使った健康酒の作り方としては簡単には梅酒の作り方をそのまま応用すれば良いと思います。
砂糖の量はお好みで無しから漬け込むマタタビの重さと同量くらいまでの間で調整すれば良いでしょう。
出来上がったマタタビ酒の味は正直おいしくないです。
ですから飲用する時は健康酒としてお猪口1杯くらいを寝る前に飲むのが良いと思います。
一般的に知られているマタタビ酒の効能としましては冷え症、利尿、強心、神経痛、疲労回復など、それと寝付きが悪い時の安眠にも効果が有るとの事です。

マタタビの果実やマタタビ酒は販売もされています。
お手軽に試してみたい方はネット通販の利用もよろしいかと思います。
ヤフーショッピングでのマタタビ酒の検索結果はこちら↓
https://bit.ly/2W8NZMC

…続きを読む

関連タグ


専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る