専門マスター

とても美味しいけれど知る人は少ないレアな淡水のエビ 手長蝦の釣り方と料理【健啖隊の魚釣り講座】

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

手長エビは淡水(汽水域)に生息するエビの仲間です。
日本の九州以北に生息する手長エビの仲間はテナガエビ、ヒラテテナガエビ、ミナミテナガエビの3種類いる事が知られています。
この3種類のうち10cm前後にまで成長するテナガエビ、ヒラテテナガエビが釣りの対象になります。
手長エビは海に近い淡水域(これを汽水域と言います)に多く生息していますが、時たま内陸部の海に通じていない淡水の湖沼などに生息する完全陸封型の手長エビも居るようです。

あまり一般的ではありませんが「手長エビ釣り」と言う釣りの分野が確立されており、専用の道具なども釣具メーカーから販売されています。
手長エビ釣りのベストシーズンである梅雨時の少し前あたりから晩夏ころまでなら大きな釣具店などには手長エビ釣りコーナーが設けられている事もあります。
ネット販売などでも手長エビ釣り専用の用具などが多数販売されておりますので、これから手長エビ釣りを始めようと言う方はこれらを利用するのが近道です。

釣れた手長エビを調理して食べるならば、水を入れたバケツなどに酸素補給のための乾電池式エアーポンプや酸素石などを使って生きた状態で持ち帰ります。

ヤフーショッピングでの酸素石の検索結果はこちら↓
https://bit.ly/30JgWRX

動画で紹介している素揚げの他に、各種野菜類と混ぜてかき揚げなどにしても美味しいです。
特に大きな物は丸のままのフライにすると味も見た目も美味しい料理になります。

夏の夕方などに夕涼みを兼ねてのんびり手長エビ釣りに講じてみるのも贅沢な時の過ごし方でよろしいかと思います。
夕涼みの後には冷たいビールと美味しい手長エビのおつまみが待っていますよ。

…続きを読む

関連タグ


専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る