専門マスター

とても珍しい日本原産の激辛トウガラシ硫黄島の島唐辛子を育ててみたグリーンインテリアとしても最適

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

硫黄島唐辛子は日本の硫黄島(いおうとう)に自生している野生種の島唐辛子です。
余談ですが硫黄島は東京都から南に約1200km離れた太平洋上に位置する絶海の孤島ですが、住所としては東京都小笠原諸島に属しています。

植物の分類学的には硫黄島唐辛子は木立唐辛子の一種です。
木立と言うだけあって成長すると幹は樹木のように固く太くなり背丈も2mを超える程に成長します。
野菜の唐辛子は普通は1年草として育てますが、硫黄島唐辛子は冬の気温を10度以上に保てれば多年草として何年も枯れずに成長を続けます。
自生地の硫黄島では多年草の雑草のように他の植物に混じって生えているらしいです。
硫黄島は第二次大戦前までは民間人が住んでいた事もあり、当時は島民の人々は香辛料として利用していたとの事です。
第二次大戦後は小笠原諸島にも移植されて栽培されているようです。
実はとても小さいですが激辛です。
実の中に含まれる辛味成分に触れた時には石鹸などで直ぐに良く洗い流したほうが良いです。
但し、実を傷つけなければ中の辛味成分は外には出て来ませんので、成っている実に触っても何ら心配はいりません。

/// 硫黄島唐辛子の発芽に関する参考事項 ///
発芽の適温は1日においての最高気温35度、最低気温25度の変温環境
発芽には微弱な光が必要
弱酸性の環境を好む
種以外の実の組織には発芽を抑制する成分が含まれている
種を一度乾燥させると発芽しやすくなる
蒔く前に乾燥した種を水に浸し水分を含ませると発芽しやすくなる
実を鳥が食べて糞と共に排出された未消化の種は発芽しやすい

唐辛子は本来発芽しづらく、発芽まで時間が掛かる植物と言われていますが、野菜として改良がなされていない硫黄島唐辛子はまさにその最たるものです。
しかし、動画で紹介しているような方法で種蒔きすれば、気温にもよりますが発芽率は良好です。
南国育ちの硫黄島唐辛子はとにかく高温環境を好みますが、一度発芽してしまえば比較的環境順応性が高く、栽培はそれほど難しくはありません。
種さえ入手できれば比較的簡単に栽培ができます。

…続きを読む

関連タグ


専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る