専門マスター

山に生えている野生化したミョウガを採って料理に使う 栽培品とは一味違う野性味を堪能できる

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ミョウガ(茗荷)はショウガ科に属する多年草の草本です。
東南アジアの温帯地域が原産地と言われており、日本へは古い時代に大陸から生姜と共に持ち込まれたのだそうです。
流通しているミョウガはその殆どが野菜として栽培された物ですが、野山にもミョウガは自生しています。
野山に自生しているミョウガももとを辿れば大陸から移入されたミョウガと同じものなのだそうです。
要するに栽培されていたミョウガが野山に逃げ出して繁殖している、と言うことらしいです。

ミョウガとして一般的に知られている部分はミョウガが花を咲かせる部分(花蕾)です。
花蕾はミョウガの地上部である草本体とは地下茎で繋がった状態で少し離れた場所に単独で生えます。
地上に出た花蕾からはクリーム色の一日花(咲いたら1日で枯れる花)を咲かせます。
自然の中ではミョウガは夏の終わり頃に花を咲かせます。
ミョウガの花を見る機会はあまり無いと思いますがミョウガの花はとても綺麗です。

野生化したミョウガを探す時はまずミョウガの地上部(草本体)を探します。
ミョウガの草本体は生姜のそれととても良く似ています。
生姜との違いは香りの有無です。
生姜は全草に特有の香りがありますが、ミョウガには生姜の香りはありません。
ミョウガの草本体が生えているのを見つけたら、その根本付近を探してみます。
この時に探す目印はクリーム色をしたミョウガの花です。
ミョウガの草本体が繁茂した薄暗い茂みの中でもこのクリーム色の花は良く目立ちます。
ミョウガの花蕾を見つけたら根本から折り取って持ち帰ります。

野生化したミョウガは市販品の野菜のミョウガと違いひと手間処理が必要です。
花蕾の中には枯れた花の残骸や小さな虫などが棲んでいる事もあります。
これらを丁寧に取り除きます。
取り除いた後は市販品のミョウガと同じように利用できます。
尚、野生化したミョウガは痛みが早いので、持ち帰ったらなるべく早く上記の処理をして早めに食べきってしまうのが良いでしょう。

…続きを読む

関連タグ


専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る