専門マスター

キノコ狩りをする時に覚えておきたい毒キノコ 身近な森にも猛毒キノコは生えている

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

身近な森にも間違えて食べると死に至るような猛毒キノコが生えています。
キノコ狩りをする時に食べられるキノコを覚えておく事は大切ですが、毒キノコを覚えておくのはより以上に大切な事です。
身近な森で出会う猛毒キノコ、毒キノコと紛らわしいキノコ、食用には適さないキノコ等のいくつかを紹介します。

* テングタケ科のキノコ
猛毒なキノコを含む一群です。里山や公園などにも普通に生えています。食用になるキノコも何種類か含まれますが、毒キノコが多い科です。特にドクツルタケ、シロタマゴテングタケ、タマゴテングタケはテングタケ科の猛毒なキノコとして毒キノコ御三家などと呼ばれることもあります。これら3種類のテングタケ科の猛毒キノコは全体が真っ白な事が共通点です。よって白いテングタケ科のキノコはやたらと食べない方が安全です。

* ベニタケ科のキノコ
一部に猛毒なキノコを含む一群です。但し食用になるキノコもそれなりに多い科です。ベニタケ科のキノコはキノコ狩りではごく普通に出会えるキノコで、里山や公園などにも普通に生えていますが、外見が似た物が多く種の同定にはそれなりの知識と経験を要します。

* イグチ科のキノコ
食用になるキノコを数多く含む一群です。昔はイグチ科には毒キノコは無いなどと言われた事もあったようですが、現在では数種類の毒キノコも知られています。イグチ科のキノコもキノコ狩りではごく普通に出会えるキノコで、里山や公園などにも普通に生えています。

--- キノコの部位の名称
傘(かさ):柄の最上部に付く雨傘状の部分。円形の種が大半だが、ヘラ状、サンゴ状など傘とは言えないような変化に富む種も多い。
襞(ひだ):傘の裏側に付くヒダ状の部分。ここで胞子が生産される。柄との境界の形状は種類を判定する決め手のひとつになる。ヒダではなく管状になっている種もある。
柄(え):地表から伸びるいわゆる棒状の部分。この最上部に傘が付く種が多いが、柄自体が判然としない種もある。
鍔(つば):柄の中間に付く刀の鍔のような形のもの。種によって形状や付き方が異なる。鍔が無い種も多い。
壺(つぼ):形は卵の殻状の事が多いが、壺が無い種類のキノコも多い。

--- キノコの生え方の名称
束生(そくせい):キノコの生え方のひとつ。束になって生える状態。株のような状態で生えること。
単生(たんせい):キノコの生え方のひとつ。単独で1本だけで生える状態。

動画で紹介している以外にも身近な所にいろいろな種類の毒キノコが生えています。
市販されているキノコ図鑑に載っているキノコは概ね1000種類です。
しかし、日本に自生するキノコは3000種とも4000種とも言われています。
という事は図鑑に掲載されていない未知のキノコが数千種あると言う事です。
キノコはまだまだ研究途上の生き物と言う事でもあります。
だからこそ確信が持てない野生のキノコは絶対に食べない。
野生のキノコを食べる時は十分な知識と確実な同定そして自己責任で!!

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る