専門マスター

アウトドアで本格コーヒーを楽しもう!! BBQコンロと100均商品で出来る珈琲焙煎

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

遠くまで出かけなくても身近な場所でアウトドア気分が楽しめる珈琲焙煎のご紹介。
使う道具も特殊なものは必要ありません。
お手持ちのBBQコンロと100均商品を利用して本格的な炭火焙煎コーヒーが楽しめます。

/// 用意する物 ///
コーヒー生豆:ネット通販で購入できます。(最初は少量の購入で試してみるのが良いでしょう)
BBQコンロ:珈琲焙煎だけなら小型のものでOKです。
木炭:普通のBBQ用の炭でOKですが着火剤入りの炭を少量まぜておくと着火が楽になります。
焙煎に使う金属網:今回は小型の柄付き茶こし網を使いましたがオール金属製の柄付き網なら大抵の物が使えます。大きめの柄付き網を使えば2個組み合わせる必要はありません。この時は焙煎中に豆を溢さないように注意して揺すります。
コーヒードリップ用品:これも100均の商品で揃います。
コーヒーミル:これは少しお金が掛かりますが動画で使っているようなアウトドア仕様のコーヒーミルが各社から販売されています。

/// 焙煎する時のポイント ///
あまり火に近づけ過ぎないことです。早く焙煎しようと火に近づけ過ぎると焦げます。焙煎中は豆を揺すり続けることも焦げ防止と均一な焙煎仕上がりには大切な要素です。焙煎終了の目安は市販の焙煎済み豆の色を参考にすれば宜しいと思います。だいたい20分前後かかります。焙煎が終わったら豆を冷ますのも大切です。コーヒーの場合、熱々の豆は美味しくない上に残留する水分の影響で上手く曵けない事もあります。焙煎済みの豆からは炭酸ガスが出ますので通気性のある袋などに入れて保存します。焙煎済みの豆は香りが飛びやすいので1ヶ月以内に使い切るのが良いと思います。ちなみに、生豆はとても保存性が良く約3年間の保存が出来るとの事です。

コーヒー豆は焙煎の度合いで味が大きく変化します。
自分で焙煎して自分好みの焙煎度合いを見つけるのも楽しいものです。
BBQコンロが使える場所ならお庭やベランダでも出来ます。
皆さんもぜひ挑戦してみて下さい。

…続きを読む