専門マスター

  • いいね

【魚釣りのテクニック】小さな釣り針に太いハリスを結びたい時に覚えておくと便利な結び方[枕掛け]

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

小さい釣り針に太いハリスを強固に結ぶ方法を紹介します。
尚、釣り針専用の釣り糸の事をハリスと呼びます。

結び方を語る前にまずは、釣り針について少しお話します。
大抵の釣り針は魚を掛ける尖った針状の先端部分と、その反対側には釣り糸を結ぶ部分(ここをチモトと呼びます)で構成されています。
釣り糸を結ぶチモトの部分は結んだ釣り糸が不用意に外れないような工夫がなされていますが、これには2タイプがあります。
一つは環付き針と言われるタイプで、釣り糸を結ぶために針のチモト端がリング状になった釣り針です。
環付き針はこのリングに釣り糸を通して結べば良いだけなので、釣り糸と針を簡単にしかも強固に結ぶことが出来ます。
欠点は結び目の部分に金属のリングが有るため結び目が目立ってしまい場合によっては釣果が悪くなる(魚が釣れない)事です。
環付き針のもう一つの欠点は針の種類が少ない、特に小さい針の種類が少ないことです。
もう一つのタイプはチモト部分を平たく叩き潰してしゃもじのような形に加工した叩きタイプの釣り針です。
多くの釣り針はこの叩きタイプであり、環付き針の特徴とは逆の特徴を持っています。
要するに叩きタイプの釣り針は結び目が小さく目立たない、針の種類も大きいものから小さいものまで実に様々なものが揃っています。
欠点としては、これも環付き針の良い点の逆で、叩きタイプの釣り針は結んだ釣り糸が外れやすい(すっぽ抜ける)点でしょうか。

釣り針には結ぶことが出来る釣り糸の太さの上限があります。
環付き針はリング状の輪の太さが結べる糸の太さの限界になりますので分かりやすいです。
一方、叩きタイプの針は上限が分かりづらいのですが、結んだ時に針が容易に外れない太さの糸が上限と言うことになります。
叩きタイプの針は、この上限を超えて太い糸を結ぶことも出来ますが、普通に結んだのでは一見結べているように見えても引っ張ると直ぐに外れてしまいます。
魚が釣れた時に引っ張られたら針が糸から外れてしまったのでは使い物になりませんよね。

チモトが叩きタイプの釣り針に釣り糸を結ぶ時の一般的な結び方には内掛け結びと外掛け結びがあります。
メーカーから発売されているハリス付きの針の殆どは内掛け結びで結ばれています。
手動式や電動式の針結び機の結び方も内掛け結びが採用されている事が多いです。
一方、釣人が針と糸を別々に購入して自分で結ぶ場合には外掛け結びで結ぶことが多いと思います。
これは外掛け結びは手で結ぶ時に結びやすいと言う特徴が有るからだと思います。
実際、外掛け結びは慣れれば釣場の磯や堤防、釣り船の上でも迅速に結ぶことが出来ます。

小さい針に太い釣り糸を強固に結ぶ方法も何種類か有ると思いますが、外掛け結びに枕掛けをプラスする方法は釣場でも簡単かつ迅速に出来る良い方法だと思います。
最初に巻き付ける回数は動画でも紹介しているように4回またはそれ以上巻き付けた方が良いです。
4回以下だと強度的に問題があり、結び目が解けてしまう事もあります。
言い換えれば、4回(枕掛け1回分を入れると5回)巻けないような針と糸の組み合わせは結ぶ事が無理と言うことです。
そんな意味から、動画で紹介している伊勢尼1号に5号のフロロカーボンのハリスの組み合わせが限度いっぱいだと思います。

太いハリスに小さい針を結べるようになると魚釣りの楽しさは一段と広がります。
たとえば、堤防で釣りをしていると70cm位のウスバハギが表層に浮いてくる事がありますが、ウスバハギは口が極端に小さく大きい針では釣れません。
かと言って小さい針に普通に結べるハリスを付けたものではウスバハギが針に掛かってもハリスの強度不足で直ぐに切られてしまいます。
こんな時、小さい針に太いハリスを高強度で結ぶテクニックを持っていれば大いに役立つ事でしょう。

関連タグ

シェア

いいね

コンテンツへの感想