専門マスター

  • いいね

秋の水辺で花咲くミゾソバは戦国時代から利用されてき古の野草・花と葉を使った素朴な混ぜご飯

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ミゾソバは北海道から九州までの水辺や湿地帯に分布するタデ科の一年草の植物です。
名前の由来は見た目が同じタデ科の植物ソバ(蕎麦)に似ている事から来ています。
食用のソバ(蕎麦)に近い植物で、ソバに似ている小さな実を付けます。
但し、その実はソバと比べるとだいぶ小さな実です。
現在ではミゾソバの実は食用としてはほぼ利用される事はありませんが、その昔には飢饉に備えて水田の脇で非常用の食料として栽培されていた事もあったそうです。
現在でも一部の野草好きな人達からは春の野草として若い芽や葉を食用や薬用として利用されています。
いにしえの食用植物とも言えるミゾソバを味わうには春の芽吹きの頃も良いですが、秋の開花期には目立つ花のおかげで簡単に見つけることが出来、葉と共にこの花も食材として利用する事ができます。

それでは秋の開花期のミゾソバの採取方法と調理例を紹介致しましょう。

・採取方法
ミゾソバの茎には微細な棘が付いています。
素手で触っても皮膚に刺さるほどの物では有りませんが、念の為に植物を触る方の手にだけ手袋を装着すると良いでしょう。
園芸用や調理用のハサミを使って花の付いた茎を切り取って持ち帰ります。
根本近くの大きな葉は硬いので先端から3〜4枚ほどの葉を付けた部分で切り取ると良いでしょう。
動画で紹介している混ぜご飯を作るなら米1合当たり花の付いた茎が10本も有れば十分です。

・ミゾソバご飯の作り方
花と葉を別けて集めます。
花は米粒状の蕾の事が多いですので、この蕾も集めます。
葉はなるべく柔らかそうな物だけを集めます。
花蕾と葉を別々の柄付きの金属網(茶こし網を大きくした位の物が100均で購入できます)に入れて熱湯に短時間(約1分前後)浸します。
花蕾は熱湯から上げたらそのまま30秒ほど置いて熱気で水分が飛ぶのを待ちます。
あらかたの水分が飛んだら少量の酢を加えて3分ほど置いて、その後、酢を絞ってから小皿に盛ります。
これはトッピングとして使います。
葉は熱湯に1分前後浸してから流水に入れ、そのまま3分間ほど晒します。
水気を絞ってから細かく刻んで、塩少々と煎りゴマ適量を加えて混ぜ合わせておきます。
ここまで出来たら少し硬めの水加減でご飯を炊きます。
炊きあがったご飯に塩少々と煎りゴマ適量を加えて混ぜておいたミゾソバの葉を加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。
食べる時にお好みで花蕾をトッピングして、または混ぜ込んで頂きます。

ミゾソバは苦味が強い野草ですが、この苦味こそがミゾソバの滋味でもあります。
秋の日に、いにしえに思いを馳せつつ食すミゾソバご飯もまた風情があるものです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想