専門マスター

  • いいね

要注意外来生物に指定・厄介な雑草コセンダングサを食べてみたら美味しい野草だった・採取と調理方法

健啖隊

隊長

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コセンダングサは北アメリカ原産のキク科の一年草で日本へは江戸時代に渡来したとの事です。
春先に芽吹き、初夏から晩秋にかけて道ばた、河川敷、空き地や荒れ地など至る所に繁茂し、時には大規模に群生します。
繁殖力の強い雑草として問題視されており外来生物法で要注意外来生物に指定されています。
秋になると枝先にアザミの花を小さくしたような形の黄色い花を咲かせます。
この花が枯れて種になる頃の緑色の実は「引っ付き虫」などと呼ばれ昔は子供の遊び道具にも利用されました。
実が完全に熟すと黒い色の種が星型に開き、この種は衣類などにまとわりつくまさに厄介な引っ付き虫としても有名です。
尚、コセンダングサに似ている植物で、より古い時代から日本に生育していたセンダングサとの違いは、いわゆる花びらの有無です。
センダングサには小さいながら平たい花びらが付きますが、コセンダングサには平たい形の花びらは付きません。
コセンダングサの名前の由来は葉の形が樹木のセンダンの葉に似ていて、センダングサより小さいと言う事ですが、実際はセンダングサより小さいと言う事はなく、むしろ背丈はセンダングサより高くなる事が多いです。

・採集の方法
野草として利用する時は春先の芽吹きの頃の若い芽、または、成長した株なら開花前の柔らかそうな先端部を摘み取って使います。
特に生の時にはアクが強い植物ですので素手で採取すると指先がアクで黒く汚れてしまいます。
植物のアクで黒くなった皮膚は洗っても直ぐにはきれいになりませんので採取の際には必ず手袋を装着します。

・調理の方法
お浸しや天ぷらで美味しく食べる事ができます。
成長点近くの芽の部分は生のまま衣を付けて油で揚げて天ぷらにします。
コセンダングサの天ぷらは春菊の天ぷらをやや個性的にしたような味がします。
お浸しにする時は、春の芽吹きの頃の若芽なら熱湯で1〜2分ほど、成長した株の芽の部分なら熱湯で3分ほど茹でてから流水で3分間晒します。
その後、水気を良く絞ってから食べやすい大きさに切って、胡麻和えにすると美味しく食べる事ができます。
キク科の植物特有の春菊のような味がします。
野草が苦手でない方は醤油を掛けただけでも美味しく頂くことができると思います。
山野草全般に付いて言えることですが、コセンダングサは特にアクが強い植物です。
ほんの少しで季節感を味わうことが出来ます。
一度に大量に食べ過ぎないようにした方が良いです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想