モノ/ガジェット

使うのはカメラとストラップだけ!手ブレを抑えた動画を撮影する方法

けーすけ(webledge)

写真と旅とガジェット愛するメディアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「やっぱり動画は一眼カメラで撮影したい。」

自己満足だとは思いつつも、画質やボケ感に魅力のある一眼カメラで撮影してしまいます。


一眼カメラ撮影の時に気になるのが手ブレですが、それをなくすためにジンバルとアイテムがあります。

ジンバルがあると余計な手ブレが無くなって一気に動画のクオリティが上がります!でもジンバル自体がとても重いので、毎回必ず持ち歩いてる人は少ないと思います。

「ジンバルは持ってない、でも手ブレの少ない映像を撮影したい。」

そういった願いを叶えるために、カメラとストラップだけでジンバルを使ったような、なめらかな映像を撮るテクニック”を2つ紹介したいと思います。

↓YouTubeの動画でもご紹介しているのでぜひチェックしてみてください!

ストラップの張力で手ブレを抑える

1つめの方法はストラップの張力を使って手ブレを抑える方法です。

カメラストラップを首からかけて、

カメラを前に向け、ストラップをピンと伸ばします。その状態で撮影します。

ストラップの張力のおかげでカメラが安定し、手ブレを抑えた撮影ができます。
横にカメラを振ったり角度をつけたり、動きをつけたりするシーンに向いています。

この方法は手ブレが抑えられる上に小回りも効くので、狭い場所ならジンバルよりも使い勝手がいいかもしれません。

カメラをぶら下げて手ブレを抑える

最後の1つはストラップを持ってカメラをぶら下げる方法です。

そのままストラップを持ってぶら下げるだけだと、レンズの重みで下を向いてしまいます。

軽いレンズなら本体と重さが釣り合うかもしれませんが、ほとんどが下を向いてうまくいきません。

なので重さが釣り合うようにストラップの先をひっかけます。レンズと地面が並行になる位置に調整すればOK。


この状態で撮影をします。

この方法は、横に歩きながら撮影するシーンや、前に進んでいくシーンの撮影に向いています。

工夫するだけで美しい映像は撮れる

手持ちで動画を撮るのとジンバルを使うのとでは映像の出来は全然違います。それと同じように、手持ち撮影とこのようなテクニックを使った撮影もまた全然違います。

少しでも納得のいく映像を作っていくために、万が一機材がなかったとしてもなんとか工夫して良い映像を作れるようにしていきましょう。


今日のこの記事がいつか役に立つと嬉しいです。

↓YouTubeの動画でもご紹介しているのでぜひチェックしてみてください!