モノ/ガジェット

窓からの光だけでエモい物撮りをする方法【ドリップコーヒー編】

けーすけ(webledge)

写真と旅とガジェット愛するメディアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いかんせん写真が好きなので、ほぼ一日中カメラを触っています。最近は遠出ができないので、撮影は自宅での物撮りがほとんどに。

そうやって毎日物撮りをしていると自分なりの”型”が見えてきます。

この記事では自分なりに編み出した物撮りについてご紹介していきます。題材は僕の大好きなドリップコーヒー。

↓動画にもしてみましたのでこちらもぜひチェックしてみてください。

準備が大事!エモいコーヒーを撮影するためのアイテム選び

まずは撮影前の準備から。用意するのはオシャレなコーヒーアイテム。

僕はVITANTONIOの電子ケトルとORIGAMIドリッパー、そしてカリタのミルを使っています。自分のとっておきを見つけておきましょう。


その他に必要なのは

・オシャレな背景
・窓からの自然光(ライトでもOK)

僕は木製テーブルを背景に使っています。「おしゃれな背景なんかないよ」という方はテーブルクロスや背景紙がおすすめ。ホームセンターで木の板を買ってくるのもいいですよ。

いい写真を撮るには下準備が大事。この細かいこだわりが写真に生きてきます。

電気を消して窓からの光だけで撮影する

準備が整ったらいざ撮影していきましょう!今回はコーヒーをドリップしていくシーンを4枚の写真にしたいと思います。

撮影に使うカメラはSONYのα7III。

レンズはTAMRONの28-75mm標準ズームレンズを使っていきます。普段はマクロレンズも使いますが、真似しやすいように今回はズームレンズのみで撮影していきます。

コーヒー豆を撮影してみよう

まずは豆の撮影から。豆ってなんかそれだけでおしゃれに感じませんか?それだけで十分いい写真になる気もしますが、ただ撮影するだけじゃつまらない。

手を加えて写真に少し温かみをプラスしてみます。

しっかり陰影をつけて雰囲気を出したいので逆光で撮影します。部屋の電気を真っ暗にして窓からの光だけで撮影するのがポイント。いろんな方向からの光があるとのっぺりした写真になるからです。


設定は

撮影モード:絞り優先
焦点距離:50mm
F値:F4.5

できた写真がこんな感じです。

↑編集前

↑編集後

手の指の間に影が入って、雰囲気のある写真に仕上がりました。

ミルに入れたコーヒー豆を撮影してみよう

次は豆を挽くミルの撮影です。カリタのミルはそれだけで絵になるので全体を入れて撮影しても良いのですが、ありがちな構図はさけたい。

ということでミルに入れた豆に寄って撮ってみます。こちらも逆光です。

設定は

撮影モード:絞り優先
焦点距離:75mm
F値:F4.5

マニュアルフォーカスにして最大限まで寄って撮影します。できたのがこちらの写真。

↑編集前

↑編集後

すこし端に被写体を寄せてバランスを変えてみました。

ドリップする瞬間を撮影してみよう

ドリップの瞬間も撮影してみましょう。挽きおわったコーヒー粉をドリッパーにセットして、お湯を注ぐ瞬間を撮影します。

今まで撮った写真が斜めからの撮影なので、今回は真俯瞰から撮ってみましょう。

設定は

撮影モード:絞り優先
焦点距離:35mm
F値:F2.8

真上から撮影していきます。ピント部を強調したいので低いF値に設定しましょう。写真が歪まずに全体が入るように焦点距離は35mmにしてみました。

撮影できたのがこちらの写真。

↑編集前

↑編集後

真俯瞰からの撮影は映えますね!

マグカップに注いだコーヒーを撮影してみよう

最後にマグカップに注いだコーヒーを撮影していきます。テーブルの上にただ置くだけだとちょっぴり味気ない。

背景にアクセントを加えたいので、テーブルの端にマグカップを置いて撮影することにしました。外出先のカフェなんかでも使えるテクニックです。

設定は

撮影モード:絞り優先
焦点距離:35mm〜50mm
F値:F2.8

マグカップがぽかんと浮かんでいるような表現がしたいのでF値でボケ感を調整。撮影するときは光が水面に反射する角度で撮影します。するとこんな感じになります。

↑編集前

↑編集後

ただテーブルの上だけで撮影するよりも背景にメリハリが出た気がしませんか。

飾りに花などある場合は近くにおいて撮影するのもステキです。コーヒー豆を散らして撮影するのも映えますよ!

おしゃれなブツ撮りの一例として

今回の記事では窓からの光だけでエモく物撮りする方法について紹介しました。ポイントは「逆光で撮影して、背景を調整する」です。


この撮影方法はあくまで一例です。別の雰囲気にしたい時にはライトも使ったりレンズを替えたりもします。

いろんなやり方かあるので、これが完璧な撮影方法かというとそうではないと思います。一つの例として、参考にしてもらえたら嬉しいです。

動画でもぜひチェックしてみてくださいね。