モノ/ガジェット

フィルムカメラ初心者には全くわからない、カメラへのフィルムの入れ方

けーすけ(webledge)

写真と旅とガジェット愛するメディアクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

僕が今まで触れてきたカメラはもっぱらデジタル。なんなら一眼レフに触れるまで撮影のほとんどはスマートフォンだ。

だからフィルムカメラなんてほとんどと言っていいほど触ったことがなかった。幼少期にポケモンセンターの前で母親と写ルンですで撮影したのが最後。それ以来デジタルでしか写真を撮ってこなかったはずだ。

そんな僕が出来心で購入してしまったフィルムカメラがminoltaのHi-matic E。

しかし、今までデジタルのみで生活してきたツケか、フィルムの入れ方すらわからない! きっと僕みたいな方が他にもいるだろう。

まずは裏蓋をはずす

当然のことながら、フィルムカメラには液晶ディスプレイなんてついていない。むしろその部分にフィルムを入れるのでそんなスペースはあり得ない。

しかしながら、これが開かない。いや、開かないというかどうやって開けるのかがわからない!

色々と調べた結果、左側にあるクランクのついたノブを上にあげれば開くことが判明した。

僕の持っているHi-matic Eに関してはこのような形で開けることができたが、カメラによってはフタを開けるスイッチがある機種もあるようなので要確認。

早速フィルムを入れていく

裏蓋が開いたら早速フィルムを入れていく。

今回はPro400Hというフィルムを入れた。

少し高価だが、淡い色味とほんのり青みがかった感じになるのが特徴。最近流行りの感じで、僕もこの色味が好きだ。

フィルムをセットしたら、右端にある巻き取り軸の穴にフィルムの先端を差し込む。貫通して反対側に出るまで出しても大丈夫。

一番右端の筒にいくつか細長い隙間にフィルムを差し込んでいこう。

差し込んだあとは、フィルムと爪が噛んでいるか確認。ここがしっかりと引っかかっていないと巻き取りができないのでご注意を。

あとはレバーを引いて、フィルムを巻き取るだけ

フィルムがセットできたら、あとはレバーを引いて、フィルムを巻き取るだけ。

念のためフィルムがちゃんと引っかかっているかを左側にあるレバーを回して確認するのも忘れずに。

レバーを引くとフィルムのカウンターが動く。このカウンターの数字が1(機種によっては0)になるまで繰り返していく。

一度引ききったレバーはシャッターを切らないと再度巻くことはできないので、<レバーを引く→シャッターを切る>という行為を3回程度繰り返せば完了だ。


あとはカメラごとに好きな設定にして写真を撮ろう。

簡単だけど本当にわからなかった

使ったことないものって本当にわからない。

最近新卒の人が固定電話の受話器の取り方すらわからなかったなんて愚痴を知り合いから聞いたが、まぁ全く使ったことがなかったら仕方ないよね。

多分この記事だって本当は当たり前のような内容なのかもしれないけど、僕にとっては未知の世界だった。

同じように知らない方がいたとしても、優しく教えてあげてほしい。

自分の持っている情報は全て他の人も知っているわけではないからね。