タイトル画像

電車が大好き! まるでプラレールみたい! 「百済貨物ターミナル駅立体横断施設」へ行ってみませんか?

きびだんご

地域ニュースサイト号外NETライター(大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NET住吉区・東住吉区タウンクライヤーのきびだんごです。夏がやってきました。皆さんは子供の頃に電車を見に行ったり、プラレールで遊んだ経験はありますか? 私は乗り物が大好きで、中でも電車が大好きなので子供と一緒に色々な路線を見に行くのですが、できるだけ密を避け、近くて気軽に気分転換がしたい時におでかけできるオススメのスポット。大阪市東住吉区今川3丁目にある「百済貨物ターミナル駅立体横断施設」をご紹介します。

JR大和路線東部市場前駅東口から今里筋を歩いてすぐ目の前に、百済貨物ターミナル立体横断施設があります。階段またはエレベーターで上がると、そこには百済貨物ターミナル駅があり貨物列車が一望できるんです。エレベーターがあるのでベビーカーでも行けますね。

百済貨物ターミナル立体横断施設エレベーター・階段
百済貨物ターミナル立体横断施設エレベーター・階段

貨物列車って何を運んでいるか知っていますか? コンテナで運んでいるもので一番多くは食料加工品なんだそうです。他にも紙・パルプ、宅配便、化学品、農産物・青果物、自動車の部品、廃棄物、家電・情報機器などあらゆるものを運んでいるんですね。そんな貨物電車がこんなに間近に見れる施設は貴重だと思います。他にも沢山のコンテナや、コンテナを運ぶフォークリフト、長くて重いコンテナを上からつかんで持ち上げるトップリフター、コンテナを運ぶ海上コンテナトレーラーなど特殊な車両を見ることができるのも、ここだけなんです。

EF210形式直流電気機関車ECO-POWER桃太郎
EF210形式直流電気機関車ECO-POWER桃太郎

貨物列車の鉄道風景をみれば、珍しく、思わず写真や動画を撮りたくなります。貨物列車の人気車両はEF210形式直流電気機関車「ECOーPOWER桃太郎」EH500形式交直流電車「ECOーPOWER金太郎」などですが、プラレールでも販売されているそうです。

百済貨物ターミナル駅立体横断施設は入場は無料です。ベンチもあり長閑な空間なので、のんびりと過ごせます。屋根がないので日中の強い日差しにはご注意ください。親子でのおでかけにオススメするのも鉄道博物館とはまた違い、実際の貨物列車やコンテナを輸送するトレーラーが行き交う現場を子どもが見ることで、何か心に伝わることがあるといいなと思います。

JR貨物ブランドターミナル公式のホームページ】では貨物列車のペーパークラフトが無料でダウンロードできるので、お家で貨物列車のペーパークラフトの工作も楽しめますよ! JR貨物の鉄道グッズの販売もされていて人気はコンテナ型リュックサックなんだそうです。

実際に運搬をしているので、時間帯によっては貨物列車が全停車していない時間帯もありますので、ご注意ください。ぜひ、貨物列車を楽しむおでかけをしてみてはいかがでしょう。

「百済貨物ターミナル駅立体横断施設」

住所:大阪市東住吉区今林3丁目1ー7

営業時間:6:30~22:00

シェア

いいね

コンテンツへの感想