タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【大阪市東住吉区】大阪市立自然史博物館にて空前絶後の特別展開催中! 427って何? って聞いてみよう

きびだんご

地域ニュースサイト号外NETライター(大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

空前絶後、きっとここまでの鳥の巣コレクションの数が一斉に展示されることはないのではないでしょうか。東住吉区長居公園内にある

大阪市立自然史博物館で2022年4月29日~6月19日「日本の鳥の巣と卵427ー小海途銀次郎(こがいとぎんじろう) 鳥の巣コレクションのすべて」が昨日から開催されています。

大阪市立自然史博物館の館内を2階へ上がると入場口があります。(入退場口にご注意ください。)

今回の特別展は河内長野市在住の小海途銀次郎氏のもつ日本最大規模の鳥の巣コレクションを大阪市立自然史博物館に寄贈されたことを記念して、この特別展は開催となりました。コレクションをすべて展示されています。この特別展の見どころを楽しみがなくならないくらいにご紹介させていただきます。

特別展に入場すると真っ先に目に入るのが

ミサゴの巨大な鳥の巣です! 送電線に巣をつくるため、繫殖の終了を待ってとるそうです。

鳥の巣が横穴! 

カワセミの鳥の巣がおもしろい。こちらはぜひ、学芸員さんにいろいろ聞いてみて下さい。

カラスの鳥の巣です。鳥の巣から時代ごとの環境問題も考えられます。

カササギの巣は・・・! 巣の形がびっくりします。ぜひ、巣の中を覗いてみてください。写真はお楽しみに隠しています。

カルガモの巣はよく見るとわかります。フカフカの鳥の羽なんです。

タカの巣の大きさにびっくりします。

特別展内ではワークショップも開催されます。今回の特別展は癖になりそうなおもしろい内容ですが、なかなか難しい(^_^;)なので

こどもワークショップに参加して、学芸員さんのお話を聞いたり質問したりして楽しみながら学ぶのがいいかなと思いおすすめします。とても優しいつばめハカセに会えます。※ワークショップ申込など詳しくはホームページまで

鳥の巣には謎がいっぱいです。

またワークショップの日にちが合わない方もどんどん学芸員さんとお話しすることをおすすめしたいです。いろいろな質問に答えてくれます。

特別展のあとのお楽しみは大阪市立自然史博物館1階ミュージアムショップがありますので、ここでしか買えないかわいい鳥グッズやTシャツなども販売されています。

特別展「日本の鳥の巣と卵427 -小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべてー」 鳥の事から環境問題まで学べる内容でした。最後になりますが、題名についている427って何だと思いますか? ぜひ、来場して学芸員さんとの会話のきっかけになればと思います。

第52回特別展 日本の鳥の巣と卵427-小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべて2022年4月29日~6月19日開催

大阪市立自然史博物館

住所:大阪市東住吉長居公園1-23

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想