タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【大阪市住吉区】「レンゲdeすみ博2022」5月5日住吉大社御田がレンゲのお花満開 思い出になる場所

きびだんご

地域ニュースサイト号外NETライター(大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

子どもの頃、レンゲのお花で王冠や首飾りをつくったことを忘れていました。皆さんはレンゲのお花で遊ばれたことはありますか? 阪堺電気軌道阪堺線住吉鳥居前駅すぐ目の前に住吉大社があります。住吉大社の境内には毎年6月14日に御田植神事が執り行われる御田(おんだ)があります。

2022年5月5日こどもの日に知らずに住吉大社へ行ったところ御田の入口が開放されていて「レンゲdeすみ博」が開催されていました。

普段、住吉大社の御田は施錠されており御田が開放されているのを見たのは私ははじめてでした。「レンゲdeすみ博」御田開放ご自由にお入りください! レンゲ摘みをお楽しみください。すみ博実行委員会と記載されていました。

はじめて御田の中に入りました。真っ直ぐ進む道になっておりました。

進むと愛らしいかかしがいました。

そして御田一面が綺麗なレンゲが咲いているレンゲ畑になっていました。なぜ御田、田んぼにレンゲなのかというと、レンゲソウは肥料となるそうです。

2022年が3年ぶりの開催だったそうで、知らなかったので終了しているイベントとなりますが実際にみてとても素晴らしく思いました。

お子様が首飾りや王冠をレンゲでいっぱい作ったりしていたのが、愛らしいなと思いました。

来年レンゲdeすみ博が開催されていましたら、おすすめしたいと思います。また、この記事を思い出していただけたら、行ってみてはいかがでしょうか。すみよし博覧会実行委員会の皆さんが準備して、子どもたちの笑顔がいっぱいの顔がみられました。今年は過ぎてしまいましたが、少しでも多くの方にこのことを伝えられたらいいなと思い記事にさせていただきました。

住吉大社御田

住所:大阪市住吉区住吉2丁目9

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想