タイトル画像

【茨木市】南エリアに大規模複合施設がオープン予定! 現在の様子は?

きのこ

地域ニュースサイト号外NETライター(茨木市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

南目垣・東野々宮地区整備とは?

田畑が一面に広がるこのエリア。交通の利便性や土地の有効活用のため、茨木市が中心になって整備を進めているのをご存知でしょうか。

  • <経緯>
  • 平成26年 まちづくり協議会発足
  • 平成29年2月 土地区画整理準備組合設立
  • 令和元年11月 土地区画整理組合設立

南目垣・東目垣は現在特に何の施設もないため、馴染みのないエリアかもしれません。

住所で言うと、

  • 目垣一丁目
  • 目垣三丁目
  • 南目垣一丁目
  • 南目垣二丁目
  • 南目垣三丁目
  • 東野々宮町 の各一部

その広さなんと約28.2ha!(と言われても、ピンと来ないですよね)

有名な所で言うとUSJが39haだそうです。何となく比べられたでしょうか。

その広大な土地に何やら施設ができると言われており、一時期、イトーヨカドーやコストコが来るかも?! なんて噂まであったんですが、長い間決まらずにいました。

そしてついに最近、動きがあったんです!

ビバホームとニトリの進出が決定

2つのホームセンターの出店が決まったようです。詳しく見てみると、4つのエリアができるとのこと。

  • 商業ゾーン
  • 物流ゾーン
  • 農地ゾーン
  • 事業ゾーン

この4事業ゾーンに分割し、市南部地域の拠点に相応しい、大規模商業施設と大規模物流施設が配置される計画です。確かにここは高槻や寝屋川へアクセスが良く、物流の基点として最適な場所ですね。まちづくりのコンセプトは「サスティナブル・コア 南目垣・東野々宮」。

実際に見に行ってみた

「十三高槻線」沿いに大きな看板と囲いができていました。

施工業者は竹中土木。

許可票
許可票

囲いに覆われたところを覗いてみると、

2021年6月末時点
2021年6月末時点

まだ更地のままでした。

施行期間は、2019年11月15日~2024年7月31日まで。

周辺は農業されている方も多いので、大規模ホームセンターができると便利になりますね。

まだ空き地があるので、もしかしたら他にも新たな出店があるかもしれません。

詳しくはまちづくりニュースをご覧ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想