タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

超ミニマルなiPhone 12 miniケース「Frost Air」

キリカ

テック系ブログ「ガジェットショット」管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

iPhone 12の発売以降、ブロガーとして多くのiPhone 12シリーズ用ケースをレビューしてきましたが、個人的にiPhone 12 miniで最も気に入っているケースを紹介します。

今回紹介するのはCASEFINITEというメーカーの「Frost Air」という製品。以前レビュー用にメーカーから直接提供頂いたものですが、個人的にとても気に入っており、おすすめできる一品となっています。

Frost Airの特徴は0.6mmの超薄型という点で、ほとんどiPhoneのサイズ感を変えないまま擦り傷などから保護できるという尖ったコンセプトのケースです。見ての通り非常に薄く、落下時の衝撃保護性能などは期待できないものの、普段使いで発生する擦り傷などからはしっかり保護できるという割り切った製品となっています。

この超薄型というコンセプトが軽量&コンパクトのiPhone 12 miniと非常に相性が良く、使い勝手の良いケースとなっています。

実際にiPhone 12 miniに装着したところ。サイズ感がほぼ変わらないまま、色にぼかしをかけたような独特な雰囲気のケースとなっています。

加工精度は高く、これだけの薄型でありながらスピーカーやマイクなどの穴の位置は問題なし。

サイドボタン側はiPhoneケースにありがちなブランドロゴのプリントなどもなく、ミニマルな外観。

上部もすっきり。

左側面。SIMスロットは透けて見えるものの、引き出すにはケースの着脱が必要です。

背面。少し曇らせたような質感がiPhone 12 miniのカラーによくマッチしていると感じます。

Frost AirはiPhone 12シリーズに搭載されている「MagSafe」を使うためのプレートが内蔵されていないのでMagSafeアクセサリは使えないのではないかと思っていましたが、実際使ってみたところ0.6mmの薄さであれば磁力はやや弱まるものの車載ホルダーなどのMagSafeアクセサリを使う事ができました。

同じFrost AirのiPhone 12 Pro Max用では磁力の低下で車載ホルダーへの吸着力が不足してしまいますが、iPhone 12 miniであれば本体が軽いため、Frost Airを装着した状態でも磁力は十分。そういった意味でも、iPhone 12 miniとFrost Airは相性がとても良いと感じました。

CASEFINITE社以外にも超薄型のケースは数社から発売されていますが、Frost Airはいくつか試した中でもしっかりとした作りで装着しやすく、普段使いでの質感も一番印象が良く感じました。

落下時の保護性能はそれほど考慮せず、普段使いでの擦れに対してのみガードしたいという方であればFrost Airは強くおすすめできるケース。現在も個人的に愛用しており、iPhone 12 miniの「軽い」「小さい」といったメリットを存分に活かすことができて大変気に入っています。

Frost Airのレビュー全編は以下のブログ記事にて掲載しています。
https://gadget-shot.com/54296

シェア

いいね

コンテンツへの感想