モノ/ガジェット

DJI Osmo Actionは完成度の高い2画面アクションカメラ

キリカ

テック系ブログ「ガジェットショット」管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ドローンで有名な会社「DJI」の送り出す初めてのアクションカメラ「Osmo Action」を買って使ってみました。

ドローンによる空撮カメラや手持ちスタビライザー搭載カメラなどを手掛けてきたDJIだけに、Osmo Actionは一世代目の今作からかなり高い完成度。早速多くのメディアでGoProキラーとの異名も付いており、強力なアクションカメラ界のダークホースが現れた格好です。

ライバルのGoProの最上位モデル「GoPro HERO7 Black」と同様に強力な電子式手ブレ補正が搭載されており、手持ち撮影や揺れの激しいスポーツなどでも滑らかな映像を撮影することが可能。もちろん、4K解像度での撮影も可能です。

ライバル製品に搭載されているタイムラプス機能も搭載されており、車やバイクに車載して旅路をぎゅっと圧縮した印象的な映像が撮影可能。

HDR撮影にも対応しており、明暗差の大きな昼間の被写体でも綺麗な映像に残すことが可能です。

カメラを固定するマウントの接続部分はGoProと共通の形状をしており、市場に出回っているGoPro用のアクセサリの多くが流用できるのも嬉しいところ。GoPro純正の吸盤マウント等も使えるため、既にGoPro用のアクセサリ資産がある方はそのままOsmo Actionを買い増してもマウント系は使い回す事ができます。

使い勝手も非常に優れており、最大の特徴は前面に搭載された2枚目の画面。自撮りの場合や、背面の画面を見ることのできないアングルのマウントなど、様々な場面で画角を画面を見ながら確認できるのは便利。また、背面のメインのタッチパネルもGoProなどの競合製品より大きなサイズが確保されており、レスポンスもサクサク。圧倒的に使いやすい製品となっています。

欠点としては、ライバルのGoProにはあるGPSを搭載していない所。GPS座標を連携して地図やルート、速度などを表示できるGoProと比べると表現力に欠けるという側面もあります。

しかし全体的な完成度で言えばかなり高く、既にアクションカメラを使っている方にも、初めてアクションカメラを買う方にも強くおすすめできる新製品となっています。

ブログでは実際の作例やライバルのGoPro HERO7 Blackや姉妹製品のOsmo Pocketとの手ブレ補正や画質の比較を詳細に掲載しているので是非参考にしてみてください。

レビュー記事
https://gadget-shot.com/review/44378

公式サイト
https://www.dji.com/jp/osmo-action

Yahoo!ショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/search?first=1&tab_ex=commerce&fr=shp-prop&oq=&aq=&mcr=084f56623536b18cf088a66cd81921c9&ts=1559153694&p=Osmo+action&pf=&pt=&sc_i=shp_pc_top_searchBox&sretry=0

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る