モノ/ガジェット

史上初!密閉型じゃないノイキャン&完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds 3」

キリカ

テック系ブログ「ガジェットショット」管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

最近よく見るようになった、左右のイヤホンにケーブルが一切付いていない「完全ワイヤレスイヤホン」ですが、それに周りの騒音を消してくれる「ノイズキャンセリング」機能も付いている機種はごく一部。しかも、今までは耳栓のように耳に詰める「密閉型」しか選択肢がありませんでした。

そんな中でファーウェイが新たに発売した「FreeBuds 3」は、史上初となる「完全ワイヤレス」かつ「インナーイヤー型」かつ「ノイズキャンセリング搭載」のイヤホン。密閉型ではなくインナーイヤー型のため、密閉型特有の圧迫感、閉塞感が苦手な方には朗報です。

今回はその「FreeBuds 3」の実機をファーウェイの広報部よりお借りできたので紹介します。詳細なレビュー全編は以下のリンクから。
https://gadget-shot.com/review/48135

FreeBuds 3は開放感のあるインナーイヤー型を採用しつつも、完全ワイヤレス、ノイズキャンセリングを兼ね備えた初のイヤホン。密閉型のように外界から完全に切り離されたような感覚はありませんが、インナーイヤー型特有の「空気感」を維持しつつも、周りの騒音のボリュームをナチュラルに抑えてくれるのが特徴。耳に詰めずに「引っ掛ける」だけのイヤホンで軽快感があるため、ランニングやジムなどの運動シーンや、外を出歩く際に使うのにはうってつけです。

完全ワイヤレスイヤホンとしての利便性も高く、ケースは非常にコンパクト。更にUSB type C端子で充電でき、Qi規格のワイヤレス充電まで対応。近接センサーで耳から外れた際に自動停止したりと、側面をダブルタップでイヤホン側で再生停止操作が行えたりと、普段使いに便利な機能を一通り押さえています。

iPhoneでもAndroidスマートフォンでも使えますが、専用アプリの「HUAWEI AI Life」が用意されているのはAndroidのみ。左右のイヤホンとケースの電池残量の確認、左右のダブルタップ操作の割り振り、ノイズキャンセリングの調整などがアプリ上で操作できます。

単体での電池持ちは3〜4時間と少し短めではあるものの、充電ケースを使えば最大20時間ほどの再生が可能。連続で4時間以上耳につけっぱなしの用途でなければそれほど不便しません。

色は今回動画で紹介したホワイトのほか、ブラックもラインナップされています。実売価格は約1.8万円と、完全ワイヤレスのノイズキャンセリング対応イヤホンとしては比較的安めの価格設定となっています。

以下のブログのレビュー全編では詳細な写真や音質のインプレッションなども掲載しています。
https://gadget-shot.com/review/48135

…続きを読む