モノ/ガジェット

  • いいね

誰でも簡単に映画のような動画が撮れるiPhone 13のシネマティックモードを試してみた

キリカ

テック系ブログ「ガジェットショット」管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年モデルとして新発売されたiPhone 13シリーズ。自分も「iPhone 13 Pro Max」を買ってみたので、目玉のシネマティックモードを試してみました。

シネマティックモードは従来からiPhoneで写真で利用可能だった「ポートレートモード」のように、動画でも背景をボカせるという新機能。

iPhone 13シリーズ全てに対応していますが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの2機種は3つのレンズを使って「1倍」「3倍」二つの画角でシネマティックモードを利用可能。表現の幅がぐっと広がっています。

シネマティックモードも使い方は簡単で、標準のカメラアプリで写真→ビデオ→シネマティックとスワイプで選んで撮るだけ。

撮影時にはiPhoneが自動で被写体を認識して追従してくれるため特別な操作は必要ないものの、ピントを合わせる被写体を変更したい場合は撮影後に「写真」アプリか「iMovie」アプリからピント合わせの位置やボケ具合を詳細に調整も可能です。

iPhoneやiPadユーザーの間でファイルを送り合える「AirDrop」機能を使って「すべての写真データ」を有効化して送ればシネマティックモードは撮影したiPhone以外でも編集可能。iPadの大画面で細部を確認しながら編集することも可能です。

今年のスマートフォンはソニーのXperia 1 IIIも「Cinematography Pro」という映画撮影のノウハウを詰め込んだ動画撮影アプリが搭載されていますが、Xperiaはしっかり手動で設定を作り込んで撮影、iPhoneは誰でも簡単にスマホ任せで撮影といった形で、そのアプローチは完全に真逆なのが印象的。

iPhoneのシネマティックモードはとにかく手軽に撮れる事に特化している反面、撮影できるフォーマットはFullHDの30fps固定であったりと、あまり自由は効かないのがデメリット。逆にXperiaは4Kで設定を作り込んだ映像が撮れる反面初心者には取っ付きにくいというデメリットがあり、そういった点ではとにかくお手軽なiPhone、こだわりの設定で撮れるXperiaと、同じ「シネマティックな動画撮影」でもメーカーごとに特色が全く異なることがわかります。

それぞれの機種の詳細なレビューは以下のURLにて掲載中。スマホで撮れる映像の幅は近年どんどん広がってきているので、新しいスマホを検討している方は動画機能も是非チェックしてみてください。

iPhone 13 Pro Maxのレビュー
https://gadget-shot.com/57982

Xperia 1 IIIのレビュー
https://gadget-shot.com/57140

シェア

いいね

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る