モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

M1チップ搭載!iPad Air 4→5で変わったところ

キリカ

ガジェットVtuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

3月9日のAppleの発表会で、新型iPad Air(第5世代)が発表されました!
今回はiPad Airの第4→5世代での変更点をぎゅっと1分にまとめてみました。

詳細な解説の全編はYouTubeにて投稿しています。
https://youtu.be/kG93ucCgLeA

今回発表されたiPad Airは2020年の第4世代から約2年ぶりの新モデル。iPad Proと同等のM1チップと8GBのメモリを搭載し、5Gにも対応。処理性能的には上位モデルに匹敵する高性能な機種に進化しています。

逆に120HzのProMotion、超広角カメラ、LiDARスキャナ、Face ID、4スピーカー、Thunderbolt 4対応端子など、iPad ProにあるハイエンドなハードウェアはiPad Airには非搭載といった差別化が図られています。

また、最大2TBのストレージ、1TB以上のストレージを選択すると搭載される16GBのメモリなど、容量面でもiPad Proは選択肢の上限が高く設定されており、ヘビーユーザーの期待に応えるラインナップとなっています。

大容量や高度なハードウェアが不要な方であれば、ほとんどの場合iPad Airは十分な処理性能で満足できる機種なのではないかと思います。私も今回、自分の使い方であればiPad Airでよさそうだと思ったのでiPad Airを買ってみることにしました。

iPad Air第4/5世代、iPad Proの3機種の比較表はブログ記事でもまとめているので、じっくり比較検討した方は是非併せてチェックしてみてください。
https://gadget-shot.com/59698

iPad選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

引用元の発表:Apple Event March 8, 2022
https://www.apple.com/apple-events/march-2022/

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る