How to

  • いいね

旬のパワーと海藻ミネラル摂取 とろとろ若竹桜グラタン

岸田夕子

料理研究家/JSA認定サケ・エキスパート

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

旬のたけのこ、ワカメを使った春のグラタン。乾燥桜えびも加えて旨みたっぷりです。
旬の食材からいただくパワーと海藻のミネラルで、風邪などひきにくい強い身体を作りたいものです。

超簡単ホワイトソースの作り方

【レシピ】

  • 小麦粉 30g
  • バター 30g
  • 牛乳 500ml

作り方は私の公式HPレシピサイトでご覧いただければ幸いです↓
簡単ホワイトソースの作り方と保存方法

今回のグラタン1人分には、出来上がったホワイトソースの半量を使用します。

若竹桜グラタン

【材料】1人分

  • 塩蔵わかめ 20g
  • たけのこ水煮 100g
  • オイル 大さじ1
  • 白ワイン 大さじ1
  • 桜えび(乾燥)5g
  • ホワイトソース 出来上がりの半量
  • 塩 適量
  • ピザ用シュレッドチーズ 30g

【作り方】

(1) 塩蔵わかめはしっかり塩をもみ洗いして水気を絞り、3cmくらいの長さに切り分けます。たけのこは一口大にスライスします。

(2) スキレット6 1/2インチを強火にかけ、オイルを入れて熱したら、たけのこを加えて両面に焼き色をつけ、白ワインを加えてさっと炒めます。

(3) 2のたけのこをボウルに取り出し、1のわかめ、桜えび、ホワイトソースを加えて混ぜ、塩で味を調えます。

(4) 3を2のスキレットに戻入れ、中火にかけてふつふつとに立つまで温めます。

(5) チーズをのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼きます。

【メモ】

  • たけのこは<水煮>としていますが、市販の水煮を使っていただいてもOKですし、この季節にはご自身で水煮にするのもお勧めです。私のブログにもたけのこの下ごしらえの仕方を載せていますので、よろしければ参考にしていただければ嬉しいです。
  • スキレットで作るメリットはいろいろありますが、炒めから最終的なオーブン焼成までスキレット一つで作ることができ、そのまま食卓に出すこともできます。蓄熱力が強いため熱々のまま最後までおいしくたべられます。スキレットがない場合は、工程4までをフライパンで作り、グラタン皿などに移してオーブントースターで焼き色をつけてくださいませ。

レシピ・文 料理研究家 岸田夕子
公式ホームページ
Instagram

シェア

いいね

コンテンツへの感想