専門マスター

バイクでキャンプといったらこれでしょ!大ベストセラーのキャンピングシートバッグ2レビュー!

【鍛道】KTM

筋肉ライダー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はバイクでキャンプツーリングといったらコレ!っていう商品のタナックスから出てるキャンピングシートバッグ2(MFK-102)のレビュー動画です!

商品の特徴は↓
・一週間以上のキャンプツーリングに適したシートバッグで、容量は可変式(59ℓから75ℓ)の大容量!
・荷物を取り出しやすい大きい開口部
・上部収納袋にお土産や買い出しに行った食料などを入れられ
・横からも荷物を出せるサイドオープン機構
・上部に衣類などを装備できるネット付き
・ペットボトルホルダー装備
・小物収納に便利なサイドポケット(左側は取り外し可能なので貴重品などを入れるのもいいですね!)
・インナーフレームでバッグの型くずれ防止
・レインカバーで雨の日でも安心
・ショルダーベルトでキャンプ場に着いた後の移動などに肩掛けも可能
・バッグに付いてるDリングで別売りのツーリングネットも取り付け可能

本体サイズはサイズ:350(H)X620(W)X350(D)mm(最小時)/350(H)X820(W)X350(D)mm(最大時)
色はデジカモ、アクティブオレンジ、赤パイピング、そして動画のブラックの4色展開です。

ちなみにこのバッグに、テント、寝袋、イス、テーブル、ランタン2個、クッカー、ガスコンロ、ミラーレスカメラ、三脚、タオル、着替えなど入れましたが、まだ余裕がありました。
拡張もできるので出先で買った食材やお土産も入れられそうでした。
外にロールマットも付けられるので旅感満載(ここ大事)でキャンプに行けそうです。

左側のサイドポケットには貴重品などを入れて置けるので、ちょっとバイクから離れる時にも持ち歩けるので安心です。右側は取り外しは出来ないので、こっちにはレインカバーやショルダーストラップ、タオルなどを入れるつもりです。

固定方法なのですが、4本のベルトでバイクとバッグを繋ぎます。
この前練習もかねてバッグを積載してツーリングに出かけたのですが、特に不安感なく行けました。
ただ、運転してて分かったのですが、体にシートバッグが触れているのかなりの不快感あったので付属のセーフティーベルトでしっかり前ズレ防止はした方がいいかと思います。

固定ベルト取り付けは左右のタンデムステップにリアフェンダーに取り付けるのですが、僕のバイクはフェンダーレスなのと、タンデムシートがかなり小さく、それでいて角度が付いているので、タンデムシートとバッグの間に角度が真っ直ぐになる様に、マットに滑り止めシートを貼り付けたのを置いてからバッグを載せ角度を真っ直ぐになる様にしています。

固定ベルトもタンデムシートを外し、その下にあるフレームに固定ベルトをXになる様に交差させて結びカウルから出しバッグを取り付けています。
こうする事で、バッグより固定ベルトが後ろ側で接続されるのでタンデムステップに取り付けるより前にズレなくさせてます。
(バッグより固定ベルトが前のタンデムステップ側で取り付けると、運転していると少しづつ前にズレてきた為です)
※幅広のシートや、シート角度が付いていないバイクの場合は普通に取り付けでいいかと思います。

後、カウルにベルトがスレると塗装剥げの原因にもなりますので、念の為、ベルトとカウルが当たっている所に保護テープなどしてやるといいかと思います!

では、今回の動画は以上です!
これからもバイク動画上げていくので良かったらフォロー&ハートマークお願いいたします!

…続きを読む