専門マスター

剥がせるスプレー!?下地処理一切不要!ラバーペイントでバイク塗装!イメチェンカスタムしてみた

【鍛道】KTM

筋肉ライダー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は塗装の際に必要になる面倒な下地処理不要で簡単イメージチェンジ!飽きたら剥がせる魔法の様なラバーペイントでバイクを自家塗装する動画です!

塗装って普通なら塗装箇所の洗浄→マスキング→下地処理→プラサフ→本塗り→艶出し(ウレタンスプレー、目の細かいヤスリなどで艶出し研磨)などが必要で、なかなかに手間のかかる作業ですよね(汗

万が一液だれや下地不足などでやり直さないといけない場合もありますが、今回動画で紹介しているこのラバースプレーを使えば、塗装箇所の洗浄(必要であればマスキング)→即塗装が可能です!(※蛍光色やメタリック系塗装の場合は発色を良くする為、下地にホワイトやブラックなどを塗るのをおすすめします。)

飽きたら剥がせるし液だれもしにくい印象ですので、気軽に手軽に愛車のイメチェンが出来るのではないでしょうか。
ただ、このラバースプレーは性質上、少し引っ掻いただけでも塗装箇所が剥がれる可能性があるので、よく触れる部分の塗装には向かないのでそこだけ注意してくださいね!(例えばニーグリップするタンク周りや足などで引っ掛けやすいリアシート周りなど)

では、下に使用方法に耐久期間を記載していきます↓

☆使用方法☆
1・塗装する場所を決め、カウルを外さないなら塗料が付着しない様にマスキング)今回の動画の様に塗装箇所を外して塗装するなら周囲に塗装がつかないように下に新聞紙やダンボールなどを敷きます。
(最悪塗装が飛び散っても後で剥がせます。)
その後、塗装する箇所をパーツクリーナーや洗剤で綺麗に洗い余分な水分や油分を落とします。
2・塗装する前に缶をよく振ります。(1分程度)
対象物から15cm〜30cm程離して塗装します。
(※1回目の塗装は厚塗りせず缶を動かし、ムラの出ないように全体に均一に薄くスプレーします。)
3・1回目の塗装から5〜10分乾燥させ再度ムラなく全体を均一に薄くスプレーします。
塗装の膜が厚くなるまでこれを繰り返します。
(目安は3〜4回※回数を重ねるごとに膜が厚く丈夫になり、剥がす際に剥がしやすくなります。)
4・仕上がりを確認し、完全硬化させます(目安は4時間程度でこれは季節や気温により異なります。)
動画のようにマスキングをしている箇所があるなら、乾く前にマスキングを剥がします(硬化してからだとマスキングと一緒にラバーペイントも一緒にくっついて剥がれてくる可能性がある為。)
5・剥がす場合の細かい剥がし残りはパーツクリーナーなどで除去出来ます。
6・使用量の目安は車のホイール1本分だそうです
(※私は一本でこれまでフロントフェンダー、リアフェンダーと使用しましたが、まだ容量には余裕がありました。)
★耐久期間★
・目安は3~6ヶ月(時間の経過、紫外線などで膜が劣化し塗装が剥がれにくくなります。)

商品名→ラバーペイントZEQUE

では、今回の動画は以上になります!
パパッと塗装できて飽きたり失敗したら直ぐに剥がせるお手軽にイメージチェンジ!
簡単なプチカスタムなので気になった方はぜひ試してみてくださいね!

これからもバイクカスタムやDIY、メンテナンスなどを動画にしていきますので、良かったらフォロー&ハートマークお願いいたします!

…続きを読む