専門マスター

グラブバーを外さないでもコブを取り付け出来る様に、隼乗りには有名なコブ加工DIYをしてみました。

【鍛道】KTM

筋肉ライダー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は隼のタンデムシート上にあるグラブバーを外さないでもシングルシートカウルを取り付けられるように加工したので、それを動画にしました。

隼ってバイク、ほんと曲線美で美しいんですよね。
そしてそれを更に際立たせるシングルシートカウル(ちなみに隼の場合、シングルシートカウル別売りでは無く、初めから付いてきます!お得!)

ですが、このシングルシートカウル取り付ける為には毎回グラブバーを外さないと取り付ける事が出来なく、グラブバー何気にボルト4本止めなので、付け替えとても面倒なんです。

そこで、グラブバーを外さなくてもシングルシートカウルをポン付けでいける様に加工しようという流れです!
隼乗りの間ではこの加工有名で、やられてる方とても多いです。
(※乗車定員変更しない場合車検には通りませんので、推奨してる訳ではなく、こうすればグラブバー外さないでも付けられるという加工方法になりますので、やられる方は自己責任でお願いいたします。)

それではやり方です。
まずは、4本のボルトを低頭ネジに替えるので2種類用意します。
(※ネジのサイズは下に記載)
それを付け替えたら後は現車合わせしながら少しづつカットしていき、シンデレラフィットを目指していきます。

カウルはニッパーやカッターで割と簡単に削れるので、後は棒ヤスリで綺麗に形を整えていきます。
カウル内側は硬い素材なので小型のノコギリを使用後にヤスリで整えました。

コツとしては一回で決めようせず、何度も何度も合わせて少しずつがいいと思います。
焦ると思ったより隙間がデカい!切りすぎた!とか、形が歪!!とかになり易いので慎重にいきましょう!

形が合い、どこにもぶつからない事を確認したら次はグラブバーかカウルの取り付け台座を浮かせるかの二通りの方法があるのですが、簡単なのは後者の台座をワッシャーなどを浮かせて取り付ける方法です(こちらの方は浮かせる分、隙間が少し大きくなります)。
グラブバー削る場合は当たる箇所2mmほど棒ヤスリで削ってやります。
どちらかの方法をとった後、バチッとハマるか確認したら作業は終了です!

ぴったりにしようと思うとかなりの根気の作業になりますが、ぴったりはまった時の感動は中々凄いのでやられる方は気合で頑張ってみてください笑!

使用した低頭ネジ
→ステンレス/生地 [極低頭] 極薄ローヘッド キャップ (全ねじ) M8×30
→ステンレス/生地 [極低頭] 極薄ローヘッド キャップ (全ねじ) M6×20

動画登場バイク→gsx1300r 隼
これからもバイクのカスタム、DIY、メンテナンス、商品レビューなどを動画にしていきますので、良かったらフォロー&ハートマークをお願いいたします!

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る