専門マスター

初めてのカスタムに大人気!デイトナのGELグリップをDIY交換!握り心地UPでツーリングをより快適に

【鍛道】KTM

筋肉ライダー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は納車されたら最初のカスタムとしてこれを純正から変える!って人が多いんじゃないだろうかのバイクのグリップ交換DIY動画です!

■参考情報/Yahoo!ショッピング
DAYTONA(デイトナ) PRO-GRIP(プログリップ) ハンドルグリップ #724Mini 耐震GEL 115mm エンド非貫通タイプ ブラック/レッド 98070
https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4909449523476/compare.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

愛車の色と合わせたり、ツーリング用やサーキット用など各社色々出ていますので、自分だけのバイクにするカスタムの第一歩としてもとても人気ですよね!

今回グリップ交換するセローは単気筒で振動が強めなバイクの為、ロンツーの時少しでも振動吸収させようとデイトナのGELタイプの非貫通タイプに交換しました。
(セロー250はバーエンドがない為、非貫通タイプを選択しています)
といってもセロー250そこまで振動強いとは思わなかったので、私の場合見た目の割合がかなり大きいですが笑

グリップ外す時なのですが、基本的にはボンドでガッチリ固定されている為、エアーコンプレッサーがある人はノズルをグリップの間に差し込んで取るのが一番簡単らしいのですが、一般家庭に中々エアーコンプレッサーて無いですよね?
私も持っていないのですが、その場合はパーツクリーナーのノズルを同じく差し込んで外していくか、カッターでグリップに切り込みを入れて外していく感じになると思います。
なので、今回、左側をパーツクリーナー、右側をカッターと2種類のやり方で外してみました。
そしてこちらのGELタイプのグリップは専用グリップボンドになっているので、ボンドで固定される場合は専用品を購入する様にしてください。

動画でも注意点を話していますが、アクセル側のグリップを無理に最後まで押し込むとスロットルが戻らなくなりとっても危険なので、アクセル捻って手を離せばしっかりアクセルスロットルが元の位置にパッと戻る事を確認してから走り出して下さいね!

グリップはバイクによって長さが違いますので、買われる場合は、ご自分のバイクのグリップの長さを測ってから購入する様にして下さいね!
作業自体は簡単に出来、お手軽にイメチェンそして満足度もかなり高いのでオススメなカスタムとなっております!

では、今日の動画は以上です!
これからもバイクのカスタムや商品レビュー、メンテナンスなどを動画にしていきますので、良かったらフォロー&ハートマークをお願いいたします!

…続きを読む