専門マスター

きたがわ翔も妖怪アマビエを描いてコロナウィルス退散を願います

きたがわ翔

漫画家、アーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ツイッターでいろんな人が妖怪アマビエ様を描いて疫病退散を願っていると知り、僕も参加したいと思いました。
僕は漫画家でイラストレーターですから、基本的にどんな時でも絵を描くことぐらいしか出来ません。
日本中が窮屈で退屈な空気になっているのであれば、僕が絵を描くことで、誰かが少しでも楽しく過ごせるようになるのであれば...と思いました。

ガッツリとカケアミで描くのもいいんですが、絵的に重くなってしまうのを避けるために今回はライトな仕上がりを目指してアルコールマーカーとゼブラの油性ペンで描いてみました。

オリジナルの江戸後期に描かれた絵や投稿作品を眺めながら、僕ならこんな感じかな?とサラサラッと筆を走らせてみました。
髪の毛サラサラのマーメイド的なアマビエ様になってしまいましたが、いかがでしょうか?
アタシャこんな貧乳じゃない!ってアマビエ様に怒られそうですが(笑)

アマビエチャレンジ(ツイッターでのアマビエ投稿)って何?という人のために簡単に説明しますと、防疫上の事由で人の物理的交流も経済活動も大幅な自粛を余儀なくされた鬱屈した社会情勢のもと、「疫病退散にご利益があるというアマビエの力を借りよう」「コロナウィルス対策としてアマビエのイラストをみんなで描こう」という発想で、妖怪掛け軸専門店「大蛇堂」さんが始めた事みたいです。
詳しい事はウィキペディアの情報を調べてみて下さいね。
投稿されたアマビエ様のイラストは、ツイッターのハッシュタグ #アマビエ で沢山発見できると思います。

是非Yahoo!Japanの画像検索で、#アマビエを検索してみて下さいね。

少しでも早く、コロナウィルスの猛威が終息して、世界中が平和で健やかな日常を取り戻せますように。

…続きを読む