専門マスター

ルパン三世 セクシーダイナマイト! 峰不二子を描いてみた

きたがわ翔

漫画家、アーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ルパン三世の不二子ちゃんを描いてみて思ったのは...非常に...ボン!キュッ!ボン!なんだよね。
1970年代、当時の雑誌、今でいうグラビアを飾っていたのは海外のセクシーなモデルさんたちだった。
映画で簡単に説明すると判りやすいのが、映画"オースティンパワーズ"に登場するセクシーガールをイメージすると良いかも。
ルパン三世の不二子ちゃんのスタイルも、そういった海外のセクシーガールのようなスタイルでした。

今の時代は(日本では)逆にロリ(少女っぽさ)が主流なんだけど、当時は山本リンダさんのようなルックス、スタイルをみんな目指していたんです。
みんなミニスカートでサイケなプリントものワンピースを着て、腰出して踊っていた時代で...。
要するに性的な意味でガチでセクシーな女性、そういう成熟した大人っぽさが最高にカッコ良かった時代です。
漫画やアニメでの不二子ちゃんを、いまの日本の女優さんが演じるなら30〜40歳ぐらいの成熟した女性でないと本当は再現できないんじゃないかな。
叶姉妹の美香さんとかになるのかな?!
まぁ、漫画の設定では恐らく20代だとは思いますけども。

僕自身、もし身の回りに不二子ちゃんみたいな人物がいたら...騙されても、きっと許しちゃうんだろうけど...でも...
正直言うと関わり合いになりたくないかな(笑)
遠巻きに見ている分にはいいんだけどね。
そういや僕自身の作品の中には不二子ちゃんみたいなキャラクターは描いた事ないかな。
なんていうか、個人的な好みでは女性特有の武器を使って、のし上がっていくようなキャラクターは、自分の作風に合わないような気がして。

 それにしてもモンキーパンチ先生は偉大な発明をして下さいましたよね。
アルセーヌ・ルパンの孫という判りやすく感情もスッと入り込みやすい設定。
最初、漫画よりもアニメ化でブレイクしたのも納得です。キャラクターとしては完璧ですよね。
その後、漫画界には金田一耕助の孫という設定の漫画も登場しヒットするんですが、元に辿ればモンキーパンチ先生が作り上げたルパン三世の設定が大発明だったからこそなんだと思います。
着眼点とキャラクター設定の相乗効果でルパン三世は本当に素晴らしく、皆に長く愛される作品になっているんだと思います。
よく考えたら、青年誌原作の漫画がアニメ化によって超ロングラン大ヒットに繋がった最初の作品とも言えますよね。

その後、ルパン三世のアニメ作品は様々なものが登場していますが、今回描いた不二子ちゃんこと峰不二子を主人公に据えた作品があるのをご存知でしょうか?
"峰不二子という女"というアニメなんですけど、彼女の出生の秘密からルパン一味と合流する理由なんかも語られていますよ。
絵的にも内容的にも少しアダルト向きなテイストですけど、もし良かったら是非観てみては如何でしょうか?

■参考情報/Yahoo!ショッピング
"LUPIN the Third〜峰不二子という女〜"をお探しなら...
https://bit.ly/3c5zZIt

…続きを読む