専門マスター

ルパン三世 永遠のダンディガンマン きたがわ風に次元大介を描いてみる

きたがわ翔

漫画家、アーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ひと昔の影がある設定のキャラクターは、よく前髪で目を隠していたりすることが多かったような気がします。
和田慎二先生の"超少女明日香"とかハンナバーバラのアニメーション作品"スーパースリー"のマイトという男の子も前髪で目が隠れていたと思います。有名なところではゲゲゲの鬼太郎とかガラスの仮面の月影千草とかとか。
でも最近は意図的に目を隠しているキャラクターをあまり見なくなりましたよね。

次元大介は基本的に目の表情が見えない。見えたとしても一瞬だったり、チラッと一瞬だけだったり...。
クールなキャラクターで(瞳が見えないので)何を考えているのか瞬時にわからないような雰囲気を醸し出していました。
まぁ、ルパンのアニメでは次元大介のトレードマークである帽子が奪われてしまい、次元の射撃能力が発揮出来なくて右往左往するというようなストーリーもありましたが(笑)
(あの回では次元大介の素の表情が存分に見ることが出来ましたね)

今回はじめて次元大介を描いてみたんですが、描いてて思ったのが髪が長い!ということ。
髭も長く、しかも髪も肩まであるような感じのふわっとしたライオンヘアなんですよ。
んでもって孤高のガンマンでありルパンの右腕、言葉は数少ないが声は低音でとてもダンディ...

声ということでは次元大介の役は小林清志さんが演じているんですが、僕が子供の頃に見てたアニメの時から一切声のイメージが変わっていないんですよね。
約50年前から同じキャラクターを演じていて、しかも声の艶やハリなんかも(僕が聞く分には)全く衰えているように感じられない訳ですから凄まじい役者さんですよね!
今年で御歳87歳!これからもダンディーでカッコイイ次元大介を演じ続けて欲しいと思います。

次元大介が主人公のスピンオフ映像作品もあるので、良かったら是非ご覧になってみて下さいね。

■参考情報/Yahoo!ショッピング
"ルパン三世 次元大介の墓標 DVD通常版"をお探しなら...
https://bit.ly/2CVhUkU

…続きを読む