専門マスター

美内すずえ先生 ガラスの仮面 きたがわ風に月影千草を描いてみる

きたがわ翔

漫画家、アーティスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

僕が小学生の3〜4年生の時だと思うんだけど、親戚の家のお姉さんがガラスの仮面のコミックスを買ってて。
遊びに行った時に貪るように読んでた、むちゃくちゃ面白い漫画だと。
とにかく1つの巻を読み終わると次の巻が読みたくて仕方がない!
いまだにガラスの仮面ほど面白い漫画はなかなか出てきてないと思う。

僕自身、プロとして連載作品を持つようになってから改めてガラスの仮面の凄さを感じたのは...
まず第1話が連載の1話として、もう完璧に完成度が高い!
主人公が出てきて、主人公の演技に対する愛情と狂気みたいなものがあって、それをスカウトするキャラクターが出てきて、そしてその主人公の少女が演技に対してどんな行動をするか?!んでもって次回に対する引きも完璧な訳ですよ。
連載ものとしてのお手本として凄い漫画だと。
かと言って、僕自身の漫画に美内すずえ先生のセオリーが活かせたかどうかは別の話だけども(笑)ジャンルが違いすぎるという理由もあるけど。

改めて、美内すずえ先生について。
彼女は16歳で漫画家としてデビューしているんです。僕にとっては先輩作家さんでもあります。
そして20歳ぐらいの時には既に別冊マーガレットの看板作家さんになっていました。
当時から天才少女と言われてて、あの頃の少女漫画と言えばわりと恋愛ものが多かったんだけど、彼女は大河ロマン描いてたりホラー漫画描いてたり、とにかくジャンルの幅が広い作家さんだと言われていました。
特にホラーとか復讐物が凄い面白いなどと評判でした。
最後にこれは伝聞ですが、美内すずえ先生がガラスの仮面の作画で月影千草を描いていた時...
「いつも同じ格好して夏、暑いやろうなぁ...」と、ボソッと呟いたそうです。

さて。これは僕個人の想像と言いますか分析結果なのですが、ガラスの仮面の月影千草というキャラクターを中心に分析しますと、キャラクター構成はほぼ"巨人の星"ではないかと。
星飛雄馬が北島マヤ、花形満が姫川亜弓、星一徹が月影千草に相当するんじゃないかな。
でも月影千草はどっちかというと"あしたのジョー"の丹下段平に近いと思います。
ガラスの仮面って演劇物なんだけど、漫画的にはスポ根演劇と言っても過言ではないかと。
そこらへんがガラスの仮面の人気、面白さの秘訣かもしれませんね。
でも大ヒット最大の要因は、恐らく美内先生がマヤみたいなおそろしい子だったからなのだろうと思います。

■参考情報/Yahoo!ショッピング
"DVD ガラスの仮面 第1幕"をお探しなら...
https://bit.ly/2BCsaOn

…続きを読む