タイトル画像

【横浜市港南区】上大岡のSNSコミュニティで一番多く投稿されている「庵蔵」(あんぐら)へ行ってみた。

こばやしあい

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

上大岡のSNSコミュニティで一番多く投稿されている(と感じる)、立ち喰い蕎麦バル「庵蔵」(あんぐら)さんへ行ってきました。

場所は、関の下バス停(下り)からすぐのところにあります。

2015年にオープンした「庵蔵」は野毛や横浜にもお店を持つ、株式会社Omnibus(オムニバス)という会社が経営しています。

さて、このお店の人気メニューはなんと言っても「庵蔵天丼/¥800」です。

庵蔵さんは本来、天ぷらとお蕎麦の立ち飲み居酒屋さんなのですが、コロナ禍による時短営業の為にランチも営業する事となり、それに併せて生み出されたのがこの庵蔵天丼。提供するや否や、あっという間にSNSの上大岡コミュニティで話題となり人気メニューとなったそうです。

特別にお店に2つしかない金の丼に入れていただきましたよ! 笑

私がこの日にいただいたのは、「庵蔵天丼 小蕎麦セット/¥1,150(税込)」と「辛口ジンジャーエール¥418(税込)」です。

具沢山の天丼にはエビ、イカ、野菜7種以上(日によって異なるそうです)が入っています。この日は、ナス、ミニトマト、しそ、かぼちゃ、インゲン、玉ねぎ、れんこん、ごぼう、赤ピーマン、ししとうが入っていました。

噂どおりの美味しさです! そして、安い! ファンのみなさんが投稿される意味がよくわかりました。

衣はサクサク、素材の味がしっかりと生かされているちょうどいい揚げ具合。店主さん曰く、タレなどかかっていない状態の天ぷらだと、次の日までサクサクなままなんですよと。どうやって揚げたのか主婦としては気になるところです。

ちなみにお野菜の中には、店主さんのお義母様がお庭で育てた無農薬の手作り野菜が入っているそうです。ご家族のご協力もあり、なんだかとっても素敵ですね。

お蕎麦もコシがあってとても美味しいかったですよ。天ぷら蕎麦としてもいただけて一石二鳥。

平日にも関わらず、常連さんが続々といらっしゃいました。店主さんがとても楽しそうに話をされていて、お人柄の良さを感じました。

メニューは日によって変わりますので、店内の黒板をご確認くださいね。

量がとても多かったので食べきれなかった分は、お持ち帰りにしてくれました。ありがたいサービスです♪

2021年9月30日までは上記時間での営業となっております。定休日については直接お問い合わせください。

女性1人でも、一見さんでも快く受け入れてくれる、上大岡で唯一の立ち喰い蕎麦バル「庵蔵」(あんぐら)へぜひ行ってみてください。

庵蔵(あんぐら)
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西2丁目6−31
045-370-8155

シェア

いいね

コンテンツへの感想