タイトル画像

【横浜市港南区】「はまっ子未来カンパニープロジェクト」桜岡小×交易×スパモンが連携! 何かが始まる?

こばやしあい

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

横浜市が推進する「自分づくり教育(キャリア教育)」の取り組み「はまっ子未来カンパニープロジェクト」が、港南区の桜岡小学校でも始動しました。外部企業として小学校と連携したのは、上大岡の人気カレー店スパイシーモンキーズ・桜岡小目の前にある交易食品株式会社です。

桜岡小学校とスパイシーモンキーズが手がけるプロジェクトを、交易食品株式会社がバックアップしていく形で始まりました。

令和4年春に行われる、プロジェクトの最終お披露目に向けて先日、桜岡小学校にて第一回目の勉強会となる企業による出張授業が開かれました。横浜市教育委員会と港南区役所の担当の方もオブザーバーとして参加されました。

見知らぬ大人たち(私も含め)が数人やって来て、父兄参観のように授業を見学。子どもたちはなんとなく、これから始まることの凄さを実感しているようにも感じました。

はまっ子未来カンパニープロジェクトとは】

企業等の課題を児童生徒が主体的に考え、解決する取組を通して、「自分づくり教育(キャリア教育)」を推進し、児童生徒の望ましい勤労観・職業観や、地域貢献意識を育むことを目的として「はまっ子未来カンパニープロジェクト」を実施しているものです。

令和3年度は第6回プロジェクトとして、横浜市のいくつかの小学校と企業が連携し、それぞれが始動しています。昨年、令和2年度は36校(49取組)が参加したそうです。

さて今回の出張授業ですが、桜岡小学校5年生の生徒さんを対象に行われました。

1時間目は交易食品株式会社の玉田さんによる「カレーの歴史と交易食品の歴史」でした。生徒さんたちはメモをとるなどして興味深く、玉ちゃん先生のお話を聞いていました。

2時間目は「手作りカレー粉を作るワークショップ」でした。自分たちで混ぜ合わせたスパイスを数日熟成させて、カレー粉が出来上がります。

交易食品さんの商品であるスパイス7種類を混ぜて、実際にオリジナルのカレー粉を作る作業が行われました。教室にカレーのいい香りが充満する中、お子さんたちは目をキラキさせて各班で力を合わせながら作業をしていました。

スパイスの香りをそれぞれ確かめた後、基本の分量を最初に提示し、どのスパイスをどれだけ増やすか減らすかを班で話し合って決めていきます。最終的に、班ごとで少しだけ違う味のカレー粉が出来上がる、というものです。

最後は、上大岡でもファンが多いスパイシーモンキーズの蛭川オーナーによる挨拶で締めくくられ、今後のプロジェクトの成功を生徒さんたちと約束しました!

プロジェクトの内容はまだ明かせませんが、令和4年春の発表までに、あと数回の勉強会があります。今後も引き続き追いかけていきたいと思います。

ちなみに、交易食品株式会社さんのカレー粉はひまわり市場で取り扱われています。【横濱レトロカリー¥1,402(税込)ひまわり市場現在の価格】一袋で約40皿分のカレーが作れるそうです。

ちなみに私も、横濱レトロカリー中辛を使って実際に作ってみました。最初に甘みがきて、甘口? と、感じながらも直後に、何種類ものスパイスの旨味がお口いっぱいに広がり、最後に辛さが遅れてやってきて、うまい! と舌をうならせました。

市販のカレールーでは味わったことのない本格さを味わえます。おすすめですよ。

一般的な「ルー」とは異なり、オリジナルを追求した「粉」で販売されているのも特徴です。なかなか珍しいですよね。上大岡のコミュニティでも美味しいと評判です。ぜひ一度お試しになってみてください。

「はまっ子未来カンパニープロジェクト」桜岡小学校×スパイシーモンキーズの第2弾も是非お楽しみに。

スパイシーモンキーズ
神奈川県横浜市港南区大久保1丁目11番5号
045-516-6112
月~土、祝日、祝前日: 11:30~15:00 (料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30)
17:00~21:00 (料理L.O. 20:00 ドリンクL.O. 20:00)
日曜定休

交易食品株式会社
神奈川県横浜市港南区大久保1丁目5番18号
TEL 045-842-0081
FAX 045-844-0581

シェア

いいね

コンテンツへの感想