タイトル画像

専門マスター

  • いいね

キャンプに夫婦ケンカはつきもの?!あるある体験とケンカをしない対策

koeda'sファミリーキャンプ

ママキャンパー/動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

わこんにちは!「がんばらないキャンプ」がモットーのママキャンパーkoedaです♪

家族や夫婦でキャンプをしている方なら一度はキャンプ中に夫婦ケンカをしたことがあるのではないでしょうか?

我が家だってそれはもう何度ケンカしたことか!

(はじめた当初はほぼ毎回でした。さすがに最近は減りましたが…笑)

そんなキャンプでの夫婦ケンカあるあると、ケンカにならないための対策をご紹介します。

キャンプで夫婦ケンカあるある①テントの設営で揉める

テントの設営は特にケンカになりますよね~
テントの設営は特にケンカになりますよね~

これはもうあるある中のあるあるですね!

「こうすればいいんじゃない?」「いや、そうじゃなくて…!」

お互いに譲らなかったり、譲ったら間違ってて「だから言ったじゃない!」なんて…。

はぁ何度同じケンカをしたでしょうか…(心当たりあり過ぎ!)。

テント設営で揉めない対策

キャンプ中に揉めないように事前準備をしっかりするしかないですね。

今はYouTubeに設営動画がたくさんあるからそれで学ぶのが確実です。

ここでポイントなのが、同じ動画を2人で一緒に見ることです。

そうじゃないと「こっちの動画ではこう言ってた」「あっちの動画は違うこと言ってた!」と、返って揉める原因に…笑

キャンプで夫婦ケンカあるある②忘れ物で揉める

忘れ物そのものよりどっちの責任かで揉めがちw
忘れ物そのものよりどっちの責任かで揉めがちw

「アレが無いんだけど…?」

「え?あなたが用意してると思ってたのに!」

そんな経験ありませんか?

我が家はありますとも!

忘れ物をしてしまったのは仕方ないとして、お互いに相手に責任があると思っちゃうのが、これまた揉める素なんですよねー。

忘れ物で揉めない対策

忘れ物しないように入念に準備する、っていうのは当たり前として。

我が家はテント&タープ周りは夫、キッチン周りは私、とおおまかに担当を分けています。

こうすることで忘れ物が少なくなりますし、どっちの責任かで揉めることが無くなります。

あとは忘れ物があってもいいようにレンタルの充実してるキャンプ場を選ぶ、というのもひとつの手ですね(お金はかかるけど!)。

キャンプで夫婦ケンカあるある③疲れて揉める

疲れてると余計にケンカに。のんびりいこう!
疲れてると余計にケンカに。のんびりいこう!

キャンプ場までの運転、荷物の運搬、テントの設営…。

とかくキャンプは疲れます。

疲れてるけど日没までに料理しなくちゃいけないし、子どもの相手だってしなくちゃいけない。

いつもはそんなことなくても、疲れてる時は小さなことにイライラしてケンカに発展してしまいがちですよね。

疲れて揉めない対策

予定をパンパンに詰め込んで「自分で自分を疲れさせてる」そんなことってありませんか?

ここは

  • キャンプじゃないと出来ないこと
  • キャンプじゃなくても出来ること

と切り分けて、「キャンプじゃなくても出来ること」は思い切ってやらない選択をしましょう。

例えば「料理」はキャンプじゃなくて家でもできますよね?料理を簡略化すると時間に余裕が持てます。

※参考記事:これもアリ!?究極の簡単手抜きキャンプ飯おすすめメニュー4選

つい予定をいろいろ入れてしまいがちですが「ただ自然を感じてのんびりする」もキャンプの大事なイベントです!

それでも夫婦で共通の趣味を持つのは楽しい!

これまで共通の趣味が無かった私たち夫婦。

時にケンカはするけれど、次はどんなキャンプ場に行こうか、どんなレイアウトにしようか、2人で同じコトを熱く語れるのはなかなかいいものです。

いつか子どもが巣立ったら夫婦2人のキャンプも楽しみたいな。

そんな夢を持てたのも、キャンプをはじめたからこそです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想