モノ/ガジェット

野試合もOK! 極薄15.6インチ「モバイルモニター」でどこでも大画面ゲーム!

小暮ひさのり

テクニカルライター/ハウスクリーニングアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

主にノートPCとの相性が良い「モバイルモニター」ですが、別の活用法もあります。

このcocoparの「co-156-C」は15.6インチのモバイルモニター。
重量は実測で738g、付属のカバー装着で1088g。このサイズにしては超軽量で薄型ですね。
接続もUSB-C(Thunderbolt 3)ケーブル1本でパソコンと繋がり、
外出先でも手軽にモニターを1枚増やせて生産性アップ! ノマドワーカーにはかなり魅力的な存在です。

でも、便利なシーンはなにもノマドワークやビジネスに限った話しではありません。
このモニターのように、USB-CだけでなくHDMI入力も備えていれば、
USB-Cを持たないパソコンをはじめ、こうしてゲーム機用のモニターとして使うことができます。

出力は控えめですがスピーカーも本体に内蔵されているので、
このモニターがあれば、テレビのチャンネル争いに負けても、家中どこでもゲームできちゃいます。

さらに!「co-156-C」ではモバイルバッテリーからの給電にも対応しています。
同じくモバイルバッテリーで動く復刻版のレトロゲーム機を用意すれば、外出先でも大画面プレイが可能!

キャンプやイベントなどに持っていけば、盛り上がること間違いなし!
どこでもアーケード気分で、野試合を楽しめますよ。

ちなみにこのモニターの場合ですと、

・Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)…OK
・PS4…OK
・NEOGEO mini…OK
・ニンテンドークラシックミニファミコン…NG
・ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン…NG

となりました。ニンテンドークラシックミニシリーズでは、画面が乱れてしまって(解像度が対応していない?)ダメだったのが悔やまれます。

こうして対応していない解像度もありますが、どこでもゲーム! というのは素晴らしい環境です。
現在、モバイルモニターを選ぶのであれば、USB-CとHDMIという2系統入力。
モバイルバッテリーでの給電に対応しているモデルを選ぶと良いでしょう。

なお、前編ではビジネス向けの使い方を解説しています。そちらも合わせてどうぞ!

前編レビュー:
https://creators.yahoo.co.jp/kogurehisanori/0300017934

Yahoo!ショッピングで「co-156-C」を検索
http://u0u1.net/LvW5

==便利なガジェット・役立つiPhoneTipsを定期更新==
==  「フォロー」「いいね!」お願いします!  ==

…続きを読む